『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=228897)

EID=228897EID:228897, Map:0, LastModified:2011年5月12日(木) 21:45:33, Operator:[大家 隆弘], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[吉本 勝彦], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 国内講演発表 [継承]
言語 (必須): 日本語 [継承]
招待 (推奨):
審査 (推奨):
カテゴリ (推奨):
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨): 1.徳島大学.医学部 [継承]
著者 (必須): 1.板倉 光夫
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2.森谷 眞紀 ([徳島大学.ゲノム機能研究センター])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
3.吉本 勝彦
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
4. (英) (日) 田代 文 (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
5. (英) (日) 橋本 力 (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
6. (英) (日) 宮崎 純一 (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
7.伊井 節子 (老健施設平成アメニティー)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
8.工藤 英治
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
9.岩花 弘之
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
10.林 良夫
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
11.佐野 壽昭
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英)   (日) (ワークショップ)「トランスジェニック動物の糖尿病学への貢献」,IL-10を膵ラ氏島A細胞で発現するNODトランスジェニックマウス   [継承]
副題 (任意):
要約 (任意):
キーワード (推奨):
発行所 (推奨):
誌名 (必須): (英) (日) 第37回日本糖尿病学会年次学術集会(徳島) (読)
ISSN (任意):
[継承]
(必須):
(必須):
(必須):
都市 (必須):
年月日 (必須): 西暦 1994年 5月 11日 (平成 6年 5月 11日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意):
PMID (任意):
NAID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● 板倉 光夫, 森谷 眞紀, 吉本 勝彦, 田代 文, 橋本 力, 宮崎 純一, 伊井 節子, 工藤 英治, 岩花 弘之, 林 良夫, 佐野 壽昭 : (ワークショップ)「トランスジェニック動物の糖尿病学への貢献」,IL-10を膵ラ氏島A細胞で発現するNODトランスジェニックマウス, 第37回日本糖尿病学会年次学術集会(徳島), (巻), (号), (頁), 1994年5月.
欧文冊子 ● Mitsuo Itakura, Maki Moritani, Katsuhiko Yoshimoto, 田代 文, 橋本 力, 宮崎 純一, Setsuko Ii, Eiji Kudo, Hiroyuki Iwahana, Yoshio Hayashi and Toshiaki Sano : (ワークショップ)「トランスジェニック動物の糖尿病学への貢献」,IL-10を膵ラ氏島A細胞で発現するNODトランスジェニックマウス, 第37回日本糖尿病学会年次学術集会(徳島), (巻), (号), (頁), May 1994.

関連情報

Number of session users = 2, LA = 1.31, Max(EID) = 382840, Max(EOID) = 1022792.