『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=228682)

EID=228682EID:228682, Map:0, LastModified:2018年6月12日(火) 14:48:26, Operator:[三木 ちひろ], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[[副研究部長]/[徳島大学.大学院医歯薬学研究部]], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 学術論文 (審査論文) [継承]
言語 (必須): 日本語 [継承]
招待 (推奨):
審査 (推奨):
カテゴリ (推奨):
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨):
著者 (必須): 1. (英) (日) 福田 雅幸 (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2. (英) (日) 高橋 哲 (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
3. (英) (日) 船木 勝介 (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
4. (英) (日) 大貫 敬嘉 (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
5. (英) (日) 高野 裕史 (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
6.永井 宏和
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
7. (英) (日) 関 宏 (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
8. (英) (日) 大谷 真紀 (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
9. (英) (日) 山崎 嘉幸 (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英) Retromandibular approach for open reduction and internal fixation of condylar process fractures  (日) 下顎枝後方切開による下顎骨関節突起骨折の治療経験   [継承]
副題 (任意):
要約 (任意):
キーワード (推奨):
発行所 (推奨):
誌名 (必須): 日本口腔外科学会雑誌 ([社団法人 日本口腔外科学会])
(pISSN: 0021-5163, eISSN: 2186-1579)

ISSN (任意): 0021-5163
ISSN: 0021-5163 (pISSN: 0021-5163, eISSN: 2186-1579)
Title: Nihon Koku Geka Gakkai zasshi
Title(ISO): Nihon Koku Geka Gakkai Zasshi
Supplier: 社団法人 日本口腔外科学会
Publisher: Japanese Society of Oral and Maxillofacial Surgeons
 (NLM Catalog  (医中誌Web  (J-STAGE  (CrossRef (No Scopus information.)
[継承]
[継承]
(必須): 46 [継承]
(必須): 2 [継承]
(必須): 69 74 [継承]
都市 (任意):
年月日 (必須): 西暦 2000年 2月 20日 (平成 12年 2月 20日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意): 10.5794/jjoms.46.69    (→Scopusで検索) [継承]
PMID (任意):
NAID (任意): 10006609684 [継承]
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意): 1.(英) %D: 2000  (日)    [継承]
2.(英)   (日) %O: 原著論文/日本語   [継承]

標準的な表示

和文冊子 ● 福田 雅幸, 高橋 哲, 船木 勝介, 大貫 敬嘉, 高野 裕史, 永井 宏和, 関 宏, 大谷 真紀, 山崎 嘉幸 : 下顎枝後方切開による下顎骨関節突起骨折の治療経験, 日本口腔外科学会雑誌, Vol.46, No.2, 69-74, 2000年.
欧文冊子 ● 福田 雅幸, 高橋 哲, 船木 勝介, 大貫 敬嘉, 高野 裕史, Hirokazu Nagai, 関 宏, 大谷 真紀 and 山崎 嘉幸 : Retromandibular approach for open reduction and internal fixation of condylar process fractures, Japanese Journal of Oral & Maxillofacial Surgery, Vol.46, No.2, 69-74, 2000.

関連情報

Number of session users = 0, LA = 0.19, Max(EID) = 383878, Max(EOID) = 1026713.