『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=22505)

EID=22505EID:22505, Map:0, LastModified:2007年6月22日(金) 16:10:50, Operator:[三木 ちひろ], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[[専攻長]/[徳島大学.工学研究科.エコシステム工学専攻]], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 国際会議 [継承]
言語 (必須):
招待 (推奨):
審査 (推奨):
カテゴリ (推奨):
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨): 1.徳島大学.工学研究科.エコシステム工学専攻.社会環境システム工学講座 (〜2014年3月31日) [継承]
2.徳島大学.工学研究科.エコシステム工学専攻.社会環境システム工学講座 (〜2014年3月31日) [継承]
3.徳島大学.工学研究科.エコシステム工学専攻.社会環境システム工学講座 (〜2014年3月31日) [継承]
4.大阪府立大学 [継承]
5.徳島大学.工学研究科.エコシステム工学専攻.社会環境システム工学講座 (〜2014年3月31日) [継承]
著者 (必須): 1.倉田 健悟 ([島根大学])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2.上月 康則 (徳島大学.環境防災研究センター.教授/徳島大学.環境防災研究センター.センター長)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
3. (英) Kitano Michio (日) 北野 倫生 (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
4. (英) Otsuka Kouji (日) 大塚 耕司 (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
5.村上 仁士
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英) Influence of sea cucumber on sediment improvement in a closed aquatic environment  (日)    [継承]
副題 (任意):
要約 (任意):
キーワード (推奨):
発行所 (推奨):
誌名 (必須): (英) 4th International Symposium on Sediment Quality Assessment (SQA 2000) (日) (読)
ISSN (任意):
[継承]
(必須):
(必須):
(必須): 77 79 [継承]
都市 (必須): 大津 (Otsu/[日本国]) [継承]
年月日 (必須): 西暦 2000年 10月 24日 (平成 12年 10月 24日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意):
PMID (任意):
NAID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● Kengo Kurata, Yasunori Kozuki, Michio Kitano, Kouji Otsuka and Hitoshi Murakami : Influence of sea cucumber on sediment improvement in a closed aquatic environment, 4th International Symposium on Sediment Quality Assessment (SQA 2000), (巻), (号), 77-79, Otsu, Oct. 2000.
欧文冊子 ● Kengo Kurata, Yasunori Kozuki, Michio Kitano, Kouji Otsuka and Hitoshi Murakami : Influence of sea cucumber on sediment improvement in a closed aquatic environment, 4th International Symposium on Sediment Quality Assessment (SQA 2000), (巻), (号), 77-79, Otsu, Oct. 2000.

関連情報

Number of session users = 2, LA = 0.88, Max(EID) = 376483, Max(EOID) = 1008286.