『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=22391)

EID=22391EID:22391, Map:0, LastModified:2014年11月23日(日) 18:09:22, Operator:[北 研二], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[北 研二], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 国際会議 [継承]
言語 (必須): 英語 [継承]
招待 (推奨):
審査 (推奨):
カテゴリ (推奨):
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨): 1.徳島大学.工学部.知能情報工学科.基礎情報工学講座 [継承]
著者 (必須): 1. (英) Tanaka Ysuhito (日) (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2.北 研二 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.知能情報系.情報工学分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.情報光システムコース.情報工学講座])
役割 (任意): (英)   (日) コーパス開発の補助,コーパスデータの整理   [継承]
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英) JCKE Multilingual Corpus of Major Asian Languages  (日)    [継承]
副題 (任意):
要約 (任意): (英) This paper discusses the development of a multilingual corpus of major Asian languages, including Japanese, Chinese, Korean, as well as English. The multilingual corpus here not only contains the same texts in more than one language, but also has sentence-level language-to-language correspondence, as well as allowing easy computer processing.  (日) 主要なアジア系言語である日本語,中国語,韓国語と英語から成る多言語コーパスの開発について述べた.我々の開発した多言語コーパスは,多言語に対する同じ内容の文が収録されているばかりではなく,言語間での文の対応付けがなされており,コンピュータ処理が容易になっているという利点を持っている.   [継承]
キーワード (推奨):
発行所 (推奨):
誌名 (必須): (英) Proceedings of the First ASIALEX Regional Symposium (日) (読)
ISSN (任意):
[継承]
(必須):
(必須):
(必須): 296 305 [継承]
都市 (必須): (英) Guangzhou (日) (読) [継承]
年月日 (必須): 西暦 1999年 1月 14日 (平成 11年 1月 14日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意):
PMID (任意):
NAID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● Ysuhito Tanaka and Kenji Kita : JCKE Multilingual Corpus of Major Asian Languages, Proceedings of the First ASIALEX Regional Symposium, (巻), (号), 296-305, Guangzhou, Jan. 1999.
欧文冊子 ● Ysuhito Tanaka and Kenji Kita : JCKE Multilingual Corpus of Major Asian Languages, Proceedings of the First ASIALEX Regional Symposium, (巻), (号), 296-305, Guangzhou, Jan. 1999.

関連情報

Number of session users = 2, LA = 0.54, Max(EID) = 376435, Max(EOID) = 1008180.