『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=222552)

EID=222552EID:222552, Map:0, LastModified:2011年2月24日(木) 07:47:34, Operator:[下村 直行], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[下村 直行], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
組織 (必須): 1.徳島大学.大学院ソシオテクノサイエンス研究部.エネルギーシステム部門.エネルギー応用工学 (2006年4月1日〜2016年3月31日)
研究者 (必須): 1.下村 直行 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.電気電子系.電気エネルギー分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.電気電子システムコース.電気エネルギー講座]) [継承]
[継承]
2. (英) (日) 熊本大学グローバルCOE プログラム「衝撃エネルギー工学グローバル先導拠点」 (読)
研究者 (必須): 1. (英) (日) 秋山 秀典 (読) [継承]
[継承]
種別 (必須): 他大学·他学部との共同研究 [継承]
テーマ (必須): (英)   (日) 実用化に向けたパルスパワー放電方式オゾナイザの高濃度化   [継承]
期間 (必須): 西暦 2010年 9月 1日 (平成 22年 9月 1日) 〜西暦 2011年 3月 31日 (平成 23年 3月 31日) [継承]
区分 (任意):
金額 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● エネルギー応用工学 (下村 直行), 熊本大学グローバルCOE プログラム「衝撃エネルギー工学グローバル先導拠点」 (秋山 秀典), 実用化に向けたパルスパワー放電方式オゾナイザの高濃度化, 2010年9月〜2011年3月.
欧文冊子 ● Energy Application Engineering (Naoyuki Shimomura), 熊本大学グローバルCOE プログラム「衝撃エネルギー工学グローバル先導拠点」 (秋山 秀典), 実用化に向けたパルスパワー放電方式オゾナイザの高濃度化, Sep. 2010-March 2011.

関連情報

Number of session users = 0, LA = 0.32, Max(EID) = 383938, Max(EOID) = 1026856.