『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=222165)

EID=222165EID:222165, Map:0, LastModified:2013年6月14日(金) 14:55:12, Operator:[三木 ちひろ], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[[センター長]/[徳島大学.疾患酵素学研究センター]], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): その他·研究会 [継承]
言語 (必須): 英語 [継承]
招待 (推奨):
審査 (推奨):
カテゴリ (推奨): 研究 [継承]
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨): 1.山口大学 [継承]
著者 (必須): 1.蛯名 洋介
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英) Effects of Glucocorticoid on Amino Acids and Protein Metabolism  (日) 糖質コルチコイドのタンパク質,アミノ酸代謝に与える影響   [継承]
副題 (任意):
要約 (任意): (英) The role of glucocorticoid in regulation of amino acids and protein metabolism was studied. After subcutaneous administration of prednisolone in intact mouse, ninhydrin reactive substances in acid soluble fraction of plasma began to increase within 1 hour and a 28% increase was observed within 2 to 4 hours. Amino acids and taurine were ascribable to the ninhydrin reactive substances in plasma that increased 2 hours after the administration of prednisolone. The increase of the ninhydrin reactive substances was not prevented by actinomycin D, which inhibited the induction of hepatic tyrosine aminotransferase by prednisolone under the same conditions. On the other hand, in the liver after intraperitoneal administration of prednisolone, protein and DNA concentration decreased rapidly and ninhydrin reactive substances in acid soluble fraction increased within 1 hour. From these results, it is presumed that amino acids might be mobilized by glucocorticoid more rapidly, according to a new mode of action which is not gene activation by glucocorticoid.  (日) 糖質コルチコイドのタンパク質,アミノ酸代謝に与える影響について,正常マウスおよびニワトリ胚骨格筋培養細胞を用いて検討を行った.プレドニソロン(0.36mg)をマウス腹腔内に投与すると,1)肝臓可溶性タンパク質濃度が投与後1時間から4時間にわたり,10∼15%減少する.2)肝臓湿重量当りのDNA量もタンパク質量とほぼ同様に減少する.3)肝臓の酸可溶性ニンヒドリン陽性物質が単位DNA当り,1時間から4時間にかけて13∼35%増量する.プレドニソロンをマウスの皮下に投与すると,1)血漿中酸可溶性ニンヒドリン陽性物質が,1時間から4時間にかけて28%増量する.2)血漿中に増量したニンヒドリン陽性物質の大部分は,アミノ酸とタウリンであった.3)血漿中ニンヒドリン陽性物質の増量は,アクチノマイシンDの前処置で阻害されないが,肝臓チロシンアミノトランスフェラーゼの誘導は完全に阻止された.また,^<14>C-ロイシンでラベルしたニワトリ胚骨格筋培養細胞(7日目)に10^<-6>Mのハイドロコーチゾンを加えると,4時間後に細胞酸可溶性分画の放射能が対照に比べ,25%増量しているのがみられた.以上の結果より,糖質コルチコイドは,肝臓および肝外組織において,早期にタンパク質,アミノ酸代謝に影響を与え,その作用機構がステロイドホルモンによる遺伝子活性化による機作とは別の機序で行なわれている可能性を示唆する.   [継承]
キーワード (推奨): 1. (英) (日) プレドニソロン (読) [継承]
2. (英) (日) 血漿中遊離アミノ酸 (読) [継承]
3. (英) (日) アクチノマイシンD (読) [継承]
4. (英) (日) 肝臓タンパク質濃度 (読) [継承]
発行所 (推奨): 千葉大学 [継承]
誌名 (必須): 千葉医学雑誌 (千葉医学会)
(pISSN: 0303-5476)

ISSN (任意): 0303-5476
ISSN: 0303-5476 (pISSN: 0303-5476)
Title: 千葉医学雑誌
Supplier: 千葉大学
Publisher: Chiba Medical Society
 (Webcat Plus  (医中誌Web  (Scopus (Scopus information is found. [need login])
[継承]
[継承]
(必須): 53 [継承]
(必須): 3 [継承]
(必須): 77 83 [継承]
都市 (必須):
年月日 (必須): 西暦 1977年 6月 初日 (昭和 52年 6月 初日) [継承]
URL (任意): http://ci.nii.ac.jp/naid/110006443840/ [継承]
DOI (任意):
PMID (任意):
NAID (任意): 110006443840 [継承]
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● Yousuke Ebina : Effects of Glucocorticoid on Amino Acids and Protein Metabolism, Chiba Medical Journal, Vol.53, No.3, 77-83, June 1977.
欧文冊子 ● Yousuke Ebina : Effects of Glucocorticoid on Amino Acids and Protein Metabolism, Chiba Medical Journal, Vol.53, No.3, 77-83, June 1977.

関連情報

Number of session users = 0, LA = 1.24, Max(EID) = 382171, Max(EOID) = 1020891.