『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=222142)

EID=222142EID:222142, Map:[2010/企業行政演習(M)], LastModified:2011年2月10日(木) 10:31:40, Operator:[上田 隆雄], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[[教務委員会委員長]/[徳島大学.工学部]], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 先端技術科学教育部 (授業概要) [継承]
入学年度 (必須): 西暦 2011年 (平成 23年) [継承]
名称 (必須): (英) Internship (M) (日) 企業行政演習(M) (読) きぎょうぎょうせいえんしゅう
[継承]
形態 (推奨):
コース (必須): 1.2011/[徳島大学.先端技術科学教育部.知的力学システム工学専攻.建設創造システム工学コース]/[博士前期課程] [継承]
担当教員 (必須): 1.山中 英生 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.社会基盤デザイン系.地域環境分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.社会基盤デザインコース.地域環境講座])
肩書 (任意):
[継承]
単位 (必須): 2 [継承]
目的 (必須): (英) This program is provided to increase knowledge and experience in the actual industrial technology in various fields. Through the practical experience, the program will allow students to become discerning and well-balanced researchers or engineers with deeper understanding of technological societies.  (日) この授業は,企業や行政の場において実際的な就業体験を行うことにより,企業等の仕組みや仕事に関する理解を深め,学習意欲を喚起するとともに,高い就業意識の育成を図ることを目的とする.   [継承]
概要 (必須): (英) Credits are acknowledged to students who experienced the internship in companies and/or government offices of 90 hours. Their fulfilment is evaluated by activity reports during internship. Students who want to take an exam of registered architect need to execute practical training about architectural design or construction management in company or governmental office.  (日) この授業は90時間以上,会社や行政の場においてインターンシップを実施した時に単位を認定するものである.インターンシップ期間の現地での活動や実施報告書に基づいて評価する.ガイダンスと報告会は別途実施する.建築士試験受験希望者(実務1年履修者)については,建築設計事務所,建設会社,役所等,建築系の会社・役所等に出向き,建築物の設計又は工事監理といった建築実務に関する実習を行う.   [継承]
キーワード (推奨):
先行科目 (推奨):
関連科目 (推奨):
要件 (任意):
注意 (任意):
目標 (必須): 1.(英) Grasping internal systems of a company, management, action and strategy to achieve the company's goal. (2)  (日) 組織の仕組みや業務の流れ,組織目標を達成するための戦略と実践を理解する.  
[継承]
2.(英) Understanding human relationship and communicative manner in a working society and a company.  (日) 実社会,職場における人間関係やマナーなどに対する理解を深める.  
[継承]
計画 (必須):
評価 (必須): (英) Achievement is evaluated by how you tackled, activity reports, and an evaluation record submitted by supervisers in company and/or government.  (日) 取り組み状況,実習レポートおよび実施報告書   [継承]
再評価 (必須):
対象学生 (任意): 開講コース学生のみ履修可能 [継承]
教科書 (必須):
参考資料 (推奨):
URL (任意):
連絡先 (推奨):
科目コード (推奨):
備考 (任意): 1.(英) A possible student should submit portfolios which are evidenced for his/her 90 hours' extensive work. Students are advised to ask details about this lecture to their supervisers.  (日) 90時間分の学修記録(ポートフォリオ)を提出する.詳細については,指導教員に相談,指示を仰ぐこと.   [継承]
2.(英) Practice place of students who want to take an exam of registered architect is company or governmental office which is possible to work about architectural design or construction management. Advisor of the case is first-class registered architect who is recognized by the department.  (日) 建築士試験受験希望者(実務1年履修者)の実習先は,一級建築士事務所,建設会社,役所等,建築物の設計又は工事監理といった建築実務の実習を行うことができる会社・役所等とする.この場合の指導者は,建築物の設計又は工事監理に実務実績のある一級建築士で,本コースが指導者としてふさわしいと認めた者とする.   [継承]

●この色で表示されている項目はマップによって参照された内容です.

マップを行っている情報の編集について

マップによって参照している箇所を修正する場合には,次のようにしてください.
  • マップ先の記述とこの情報の記述を同時に修正する場合.
    →マップ先の情報(
        →閲覧 【授業概要】(2010/企業行政演習(M))
            →閲覧 【授業概要】(2009/企業行政演習(M))
                →閲覧 【授業概要】(2008/企業行政演習(M))
                    →閲覧 【授業概要】(2007/企業行政演習(M))
                        →閲覧 【授業概要】(2007/企業行政演習(D))
                            →閲覧 【授業概要】(2006/企業行政演習(D))
    )で編集を行なってください.
  • マップ先の記述は変更せずこの情報のみを変更する場合.
    →この頁で編集を行なってください.
    [注意] 編集画面では,マップによる参照によって得た内容は表示されません.
    [注意] 参照は同じ名前の項目がある場合に行なわれます.
    [注意] 項目を無記入にすると参照が行なわれ,それ以外には参照が行なわれません.(項目単位)

この情報を取り巻くマップ

閲覧 【授業概要】(2010/企業行政演習(M)) 閲覧 【授業概要】(2011/企業行政演習(M))   ←(なし)
閲覧 【授業概要】(2011/企業行政演習(M))

標準的な表示

和文冊子 ● 企業行政演習(M) / Internship (M)
欧文冊子 ● Internship (M) / 企業行政演習(M)

関連情報

この情報を参照している情報

閲覧【教育プログラム】…(1)
Number of session users = 0, LA = 0.57, Max(EID) = 361923, Max(EOID) = 968363.