『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=22182)

EID=22182EID:22182, Map:0, LastModified:2006年5月10日(水) 14:07:38, Operator:[三木 ちひろ], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[[学科長]/[徳島大学.工学部.化学応用工学科]], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 学術論文 (審査論文) [継承]
言語 (必須):
招待 (推奨):
審査 (推奨):
カテゴリ (推奨):
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨): 1.徳島大学.工学部.化学応用工学科.物質合成化学講座 [継承]
著者 (必須): 1.妹尾 真紀子
役割 (任意): 共著 [継承]
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2. (英) Kawamura Yoshinori (日) 河村 芳範 (読) かわむら よしのり
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
3.佐藤 恒之
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英) Asymmetric radical cyclopolymerization of N-allyl-N-phenylmethacrylamide in the presence of SnCl4 and L-menthol  (日)    [継承]
副題 (任意):
要約 (任意): (英)   (日) 四塩化スズとL-メントールの存在下で,N-アリル-N-フェニルメタクリルアミドのラジカル重合を行うと,分子内付加を経て重合が進行し,環状構造を有するポリマーが生成する.ポリマー主鎖の不斉炭素に不斉が導入されることによって,得られたポリマーは光学活性を示す.また,N-アリル-N-フェニルメタクリルアミドとスチレンおよびメタクリル酸メチルとの共重合においても,同様に光学活性なコポリマーが得られることがわかった.   [継承]
キーワード (推奨):
発行所 (推奨):
誌名 (必須): Macromolecules ([アメリカ化学会])
(resolved by 0024-9297)
ISSN: 0024-9297 (pISSN: 0024-9297, eISSN: 1520-5835)
Title: Macromolecules
Title(ISO): Macromolecules
Publisher: American Chemical Society
 (NLM Catalog  (Scopus  (CrossRef (Scopus information is found. [need login])
(resolved by 1520-5835)
ISSN: 0024-9297 (pISSN: 0024-9297, eISSN: 1520-5835)
Title: Macromolecules
Title(ISO): Macromolecules
Publisher: American Chemical Society
 (NLM Catalog  (Scopus  (CrossRef (Scopus information is found. [need login])

ISSN (任意):
[継承]
(必須): 30 [継承]
(必須): 21 [継承]
(必須): 6417 6421 [継承]
都市 (任意):
年月日 (必須): 西暦 1997年 10月 1日 (平成 9年 10月 1日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意):
PMID (任意):
NAID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● Makiko Seno, Yoshinori Kawamura and Tsuneyuki Sato : Asymmetric radical cyclopolymerization of N-allyl-N-phenylmethacrylamide in the presence of SnCl4 and L-menthol, Macromolecules, Vol.30, No.21, 6417-6421, 1997.
欧文冊子 ● Makiko Seno, Yoshinori Kawamura and Tsuneyuki Sato : Asymmetric radical cyclopolymerization of N-allyl-N-phenylmethacrylamide in the presence of SnCl4 and L-menthol, Macromolecules, Vol.30, No.21, 6417-6421, 1997.

関連情報

Number of session users = 0, LA = 0.86, Max(EID) = 372230, Max(EOID) = 995038.