『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=21949)

EID=21949EID:21949, Map:0, LastModified:2005年7月27日(水) 15:03:41, Operator:[近江 千代子], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[南川 慶二], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 国際会議 [継承]
言語 (必須): 英語 [継承]
招待 (推奨):
審査 (推奨):
カテゴリ (推奨):
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨): 1.徳島大学.工学部.化学応用工学科.物質機能化学講座 [継承]
2.徳島大学.工学部.化学応用工学科.物質合成化学講座 [継承]
著者 (必須): 1.本仲 純子
役割 (任意): 共著 [継承]
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2. (英) Mishima Yuji (日) (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
3. (英) Maruyama Ken-ichi (日) (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
4.南川 慶二 ([徳島大学.教養教育院])
役割 (任意): 共著 [継承]
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
5. (英) Ikeda Sanae (日) (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英) Interaction between Immobilized DNA and Tris(bpy)osmium(II/III) Complex  (日)    [継承]
副題 (任意):
要約 (任意): (英)   (日) 多孔質炭素電極を基板としてその表面にDNAを固定化し,DNA修飾電極を試作した.電気化学的方法によりDNAと化学物質間の相互作用を検討し,電極の特性を評価した.DNAとオスミウム錯体の相互作用についても検討した.オスミウム錯体とのハイブリッド化を利用して12mer 以上のDNA断片を認識させることができた.   [継承]
キーワード (推奨):
発行所 (推奨):
誌名 (必須): (英) Technical Digest of the 7th International Meeting on Chemical Sensors (日) (読)
ISSN (任意):
[継承]
(必須):
(必須):
(必須):
都市 (必須): 北京 (Beijing/[中華人民共和国]) [継承]
年月日 (必須): 西暦 1998年 7月 1日 (平成 10年 7月 1日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意):
PMID (任意):
NAID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● Junko Motonaka, Yuji Mishima, Ken-ichi Maruyama, Keiji Minagawa and Sanae Ikeda : Interaction between Immobilized DNA and Tris(bpy)osmium(II/III) Complex, Technical Digest of the 7th International Meeting on Chemical Sensors, (巻), (号), (頁), Beijing, July 1998.
欧文冊子 ● Junko Motonaka, Yuji Mishima, Ken-ichi Maruyama, Keiji Minagawa and Sanae Ikeda : Interaction between Immobilized DNA and Tris(bpy)osmium(II/III) Complex, Technical Digest of the 7th International Meeting on Chemical Sensors, (巻), (号), (頁), Beijing, July 1998.

関連情報

Number of session users = 1, LA = 3.03, Max(EID) = 359738, Max(EOID) = 963369.