『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=216730)

EID=216730EID:216730, Map:[2010/生体高分子化学特論], LastModified:2011年1月5日(水) 12:35:46, Operator:[宇都 義浩], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[[教務委員会委員]/[徳島大学.工学部.生物工学科]], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 先端技術科学教育部 (授業概要) [継承]
入学年度 (必須): 西暦 2011年 (平成 23年) [継承]
名称 (必須): (英) Biological macromolecular chemistry (日) 生体高分子化学特論 (読) せいたいこうぶんしかがくとくろん
[継承]
形態 (推奨): 1.講義 [継承]
コース (必須): 1.2011/[環境創生工学専攻.生命テクノサイエンスコース]/[博士前期課程] [継承]
担当教員 (必須): 1.宇都 義浩 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.生物資源産業学域.応用生命系.応用生物資源学分野]/[徳島大学.生物資源産業学部.生物資源産業学科.応用生命講座])
肩書 (任意):
[継承]
2.堀 均
肩書 (任意):
[継承]
単位 (必須): 2 [継承]
目的 (必須): (英) The goal is to understand the structure and function of biological macromolecules from the perspective of molecular recognition and interaction.  (日) タンパク質や核酸などの生体高分子の立体構造と機能について,分子認識及び分子間相互作用を中心に理解する.   [継承]
概要 (必須): (英) How do biological macromolecules recognize the target molecule and function? An introduction to the basic structural biology and stereochemistry of biological macromolecules. Topics include protein and nucleic acid structure. Students should make presentations focusing the molecular recognition and interaction of biological macromolecules based on the PDB data and their recent scientific papers with molecular modeling software "MacroModel".  (日) 生体高分子がどのように基質やドラッグなどの標的分子を認識して作用するかについて,核酸やタンパク質と低分子に関する構造学,立体化学および反応機構について概説する.また,分子モデリングとドラッグデザインについて概説した後,タンパク質データバンク(PDB)データベースから得られた立体構造について分子モデリングソフトウェア"MacroModel"を用いて解析する.   [継承]
キーワード (推奨): 1.分子間相互作用 (intermolecular interactions) [継承]
2. (英) molecular recognition (日) 分子認識 (読) [継承]
3. (英) protein data bank (日) タンパク質データバンク (読) [継承]
4. (英) molrecular modeling (日) 分子モデリング (読) [継承]
先行科目 (推奨): 1.分子機能工学 ([2011/[環境創生工学専攻.生命テクノサイエンスコース]/[博士前期課程]]/->授業概要[2010/分子機能工学])
必要度 (任意): 0.500000 [継承]
[継承]
関連科目 (推奨): 1.細胞生理学特論 ([2011/[環境創生工学専攻.生命テクノサイエンスコース]/[博士前期課程]]/->授業概要[2010/細胞生理学特論])
関連度 (任意): 0.500000 [継承]
[継承]
2.酵素学特論 ([2011/[環境創生工学専攻.生命テクノサイエンスコース]/[博士前期課程]]/->授業概要[2010/酵素学特論])
関連度 (任意): 0.500000 [継承]
[継承]
要件 (任意): (英) To understand the organic chemistry, medicinal chemistry, and the enzyme engineering  (日) 学部教育における有機化学,創薬化学および酵素工学を理解していること.   [継承]
注意 (任意): (英) None  (日) なし   [継承]
目標 (必須): 1.(英) To understand the principle of structure and function of biological macromolecule.  (日) 生体高分子の構造と機能の原理を理解する  
[継承]
2.(英) To understand the mechanisms of molecular recognition of biological macromolecule through PDB database search and molecular modeling software.  (日) タンパク質データバンクのデータベースと分子モデリングソフトウェアを活用し生体高分子の分子認識機構を理解する  
[継承]
計画 (必須): 1.(英) Orientation  (日) 講義概要の説明  
[継承]
2.(英) Lecture 1: force interactions involved in the drug-protein complex  (日) 講義(1): 薬剤-タンパク質複合体の力学的相互作用  
[継承]
3.(英) Exercise 1: search for a protein target for drug  (日) 演習(1): 薬剤に対する標的タンパク質の検索  
[継承]
4.(英) Lecture 2: stereochemical interactions involved in the drug-protein complex  (日) 講義(2): 薬剤-タンパク質複合体の立体化学的相互作用  
[継承]
5.(英) Exercise 2: search for 3D structures of targeting protein from the PDB  (日) 演習(2): PDBを用いた標的タンパク質3D構造の検索  
[継承]
6.(英) Lecture 3: mechanisms of enzyme catalysis  (日) 講義(3): 酵素触媒の反応機構  
[継承]
7.(英) Exercise 3: conformational analysis of targeting protein  (日) 演習(3): 標的タンパク質の構造解析  
[継承]
8.(英) Lecture 4: drug design and drug action  (日) 講義(4): 薬物分子設計および薬物作用機構  
[継承]
9.(英) Exercise 4: conformational analysis of drug  (日) 演習(4): 薬剤の構造解析  
[継承]
10.(英) Lecture 5: Drug design with computational chemistry  (日) 講義(5): コンピュータ化学を用いたドラッグデザイン  
[継承]
11.(英) Exercise 5: molecular modeling of drug  (日) 演習(5): 薬剤の分子モデリング  
[継承]
12.(英) Lecture 6: Molecular modeling with MacroModel  (日) 講義(6): MacroModelを用いた分子モデリング  
[継承]
13.(英) Exercise 6: molecular modeling of protein  (日) 演習(6): タンパク質の分子モデリング  
[継承]
14.(英) Exercise 7: molecular modeling of drug-protein complex  (日) 演習(7): 薬剤-タンパク質複合体の分子モデリング  
[継承]
15.(英) Exercise 8: evaluation of molecular modeling  (日) 演習(8): 分子モデリングの評価  
[継承]
16.(英) Report  (日) レポート  
[継承]
評価 (必須): (英) Only the student of the attendance rate 80% or more is evaluated by report(100%).  (日) 出席率80%以上の学生に対しレポート(100%)で評価する.   [継承]
再評価 (必須): (英) not evaluated  (日) しない   [継承]
対象学生 (任意): 他学科学生も履修可能 [継承]
教科書 (必須): 1.(英) R. B. Silverman; The ORGANIC CHEMISTRY of DRUG DESIGN and DRUG ACTION, ELSEVIER  (日) R. B. Silverman著「The ORGANIC CHEMISTRY of DRUG DESIGN and DRUG ACTION」, ELSEVIER   [継承]
参考資料 (推奨): 1.(英) T. L. Lemke, D. A. Williams, V. F. Roche, S. W. Zito; FOYE'S PRINCIPLES OF MEDICINAL CHEMISTRY, Lippincott Williams & Wilkins  (日) T. L. Lemke, D. A. Williams, V. F. Roche, S. W. Zito著「FOYE'S PRINCIPLES OF MEDICINAL CHEMISTRY」Lippincott Williams & Wilkins   [継承]
URL (任意):
連絡先 (推奨): 1.宇都 義浩 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.生物資源産業学域.応用生命系.応用生物資源学分野]/[徳島大学.生物資源産業学部.生物資源産業学科.応用生命講座])
オフィスアワー (任意):
[継承]
科目コード (推奨):
備考 (任意): 1.(英)   (日) 授業を受ける際には,2時間の授業時間毎に2時間の予習と2時間の復習をしたうえで授業を受けることが,授業の理解と単位取得のために必要である.   [継承]

●この色で表示されている項目はマップによって参照された内容です.

マップを行っている情報の編集について

マップによって参照している箇所を修正する場合には,次のようにしてください.
  • マップ先の記述とこの情報の記述を同時に修正する場合.
    →マップ先の情報(
        →閲覧 【授業概要】(2010/生体高分子化学特論)
            →閲覧 【授業概要】(2009/生体高分子化学特論)
                →閲覧 【授業概要】(2008/生体高分子化学特論)
                    →閲覧 【授業概要】(2007/生体高分子化学特論)
                        →閲覧 【授業概要】(2006/生体高分子化学特論)
    )で編集を行なってください.
  • マップ先の記述は変更せずこの情報のみを変更する場合.
    →この頁で編集を行なってください.
    [注意] 編集画面では,マップによる参照によって得た内容は表示されません.
    [注意] 参照は同じ名前の項目がある場合に行なわれます.
    [注意] 項目を無記入にすると参照が行なわれ,それ以外には参照が行なわれません.(項目単位)

この情報を取り巻くマップ

閲覧 【授業概要】(2010/生体高分子化学特論) 閲覧 【授業概要】(2011/生体高分子化学特論) ←(なし)

標準的な表示

和文冊子 ● 生体高分子化学特論 / Biological macromolecular chemistry
欧文冊子 ● Biological macromolecular chemistry / 生体高分子化学特論

関連情報

この情報を参照している情報

閲覧【教育プログラム】…(1) 閲覧【授業概要】…(5)
Number of session users = 3, LA = 0.54, Max(EID) = 361877, Max(EOID) = 968232.