『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=216592)

EID=216592EID:216592, Map:[2010/加工システム], LastModified:2011年1月20日(木) 19:14:09, Operator:[多田 吉宏], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[[教務委員会委員]/[徳島大学.工学部.機械工学科]], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 先端技術科学教育部 (授業概要) [継承]
入学年度 (必須): 西暦 2011年 (平成 23年) [継承]
名称 (必須): (英) Production and Manufacturing System (日) 加工システム (読) かこうしすてむ
[継承]
形態 (推奨): 1.講義 [継承]
コース (必須): 1.2011/[徳島大学.先端技術科学教育部.知的力学システム工学専攻.機械創造システム工学コース]/[博士前期課程] [継承]
担当教員 (必須): 1.多田 吉宏
肩書 (任意):
[継承]
単位 (必須): 2 [継承]
目的 (必須): (英) Work measurement based on predetermined time standard system for advanced manufacturing and production are introduced.  (日) 生産加工や組立ての高度化・高能率化について,既定時間標準法に基づいた作業測定の考え方と手法を習得する.   [継承]
概要 (必須): (英) This class introduces basic-MOST for work measurement and determination of the standard time based on predetermined time standard system.  (日) 「もの作り」の効率化に有効なIE手法について,basic-MOSTを中心に作業測定および作業標準時間設定の基本的な考え方とその適用方法を講義する.   [継承]
キーワード (推奨): 1. (英) industrial engineering (日) インダストリアルエンジニアリング (読) [継承]
2. (英) work measurement (日) 作業測定 (読) [継承]
3. (英) standard time (日) 作業標準時間 (読) [継承]
先行科目 (推奨):
関連科目 (推奨): 1.金属加工学 ([2008/[徳島大学.先端技術科学教育部.知的力学システム工学専攻.機械創造システム工学コース]/[博士前期課程]]/->授業概要[2007/金属加工学])
関連度 (任意):
[継承]
要件 (任意): (英) Students are required to have a good understanding on fundamentals of material processing technologies and manufacturing system.  (日) 生産加工に関する基礎的な素養があること.   [継承]
注意 (任意): (英) Students are required to prepare and review the class  (日) 予習・復習が重要である.   [継承]
目標 (必須): 1.(英) To understand the basic concepts and related aspects of work measurement and predetermined time standard system.  (日) 作業測定や作業標準時間設定の基本的な考え方を理解し分析に適用できること  
[継承]
計画 (必須): 1.(英) Introduction to work analysis  (日) 作業分析の基礎  
[継承]
2.(英) Work study and time study  (日) 動作分析・時間分析  
[継承]
3.(英) Rating techniques  (日) 各種のレイティング手法  
[継承]
4.(英) Predetermined time standard system  (日) 既定時間標準法  
[継承]
5.(英) Fundamentals of MOST  (日) basic MOSTの基礎  
[継承]
6.(英) General move sequence  (日) 普通移動シーケンス  
[継承]
7.(英) Exercise of the general move sequence  (日) 普通移動の分析と演習  
[継承]
8.(英) Controlled move sequence  (日) 制限移動シーケンス  
[継承]
9.(英) Exercise of the controlled move sequence  (日) 制限移動の分析と演習  
[継承]
10.(英) Analysis of continuous move  (日) 連続動作の分析  
[継承]
11.(英) Exercise of continuous move  (日) 連続動作の分析と演習  
[継承]
12.(英) Tool use sequence  (日) 工具使用シーケンス  
[継承]
13.(英) Exercise of the tool use sequence  (日) 工具使用の分析と演習  
[継承]
14.(英) Manual crane sequence  (日) 手動クレーンシーケンス  
[継承]
15.(英) Exercise of the manual crane sequence  (日) 手動クレーンの分析と演習  
[継承]
16.(英) Examination  (日) 定期試験  
[継承]
評価 (必須): (英) Exercises and assignments count 50%, and examination counts 50%.  (日) レポート・演習 (50 点) と試験(50 点) を総合して評価する.   [継承]
再評価 (必須): (英) None  (日) 無し   [継承]
対象学生 (任意):
教科書 (必須): 1.(英) Printed synopsises are used.  (日) プリント資料で講義する.   [継承]
参考資料 (推奨): 1.(英) Work study, ISBN4-526-00084-1.  (日) 通産省産業構造審議会編「作業研究」,日刊工業新聞社,ISBN4-526-00084-1.   [継承]
URL (任意):
連絡先 (推奨): 1.多田 吉宏
オフィスアワー (任意):
[継承]
科目コード (推奨):
備考 (任意): 1.(英) Students are required preparation (2 hours) and review (2 hours) for every two hours class work.  (日) 授業を受ける際には,2時間の授業時間毎に2時間の予習と2時間の復習を行うことが,授業の理解と単位取得のために必要である   [継承]

●この色で表示されている項目はマップによって参照された内容です.

マップを行っている情報の編集について

マップによって参照している箇所を修正する場合には,次のようにしてください.
  • マップ先の記述とこの情報の記述を同時に修正する場合.
    →マップ先の情報(
        →閲覧 【授業概要】(2010/加工システム)
            →閲覧 【授業概要】(2009/加工システム)
                →閲覧 【授業概要】(2008/加工システム)
                    →閲覧 【授業概要】(2007/加工システム)
                        →閲覧 【授業概要】(2006/加工システム)
    )で編集を行なってください.
  • マップ先の記述は変更せずこの情報のみを変更する場合.
    →この頁で編集を行なってください.
    [注意] 編集画面では,マップによる参照によって得た内容は表示されません.
    [注意] 参照は同じ名前の項目がある場合に行なわれます.
    [注意] 項目を無記入にすると参照が行なわれ,それ以外には参照が行なわれません.(項目単位)

この情報を取り巻くマップ

閲覧 【授業概要】(2010/加工システム) 閲覧 【授業概要】(2011/加工システム) ←(なし)

標準的な表示

和文冊子 ● 加工システム / Production and Manufacturing System
欧文冊子 ● Production and Manufacturing System / 加工システム

関連情報

この情報を参照している情報

閲覧【教育プログラム】…(1) 閲覧【授業概要】…(1)
Number of session users = 0, LA = 0.53, Max(EID) = 407420, Max(EOID) = 1104068.