『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=216567)

EID=216567EID:216567, Map:[2010/エネルギー変換システム論], LastModified:2011年2月10日(木) 11:00:56, Operator:[名田 譲], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[[教務委員会委員]/[エコシステム工学専攻]], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 先端技術科学教育部 (授業概要) [継承]
入学年度 (必須): 西暦 2011年 (平成 23年) [継承]
名称 (必須): (英) Energy conversion systems (日) エネルギー変換システム論 (読) エネルギーへんかんしすてむろん
[継承]
形態 (推奨): 1.講義 [継承]
コース (必須): 1.2011/[エコシステム工学コース]/[博士前期課程] [継承]
担当教員 (必須): 1.名田 譲 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.機械科学系.エネルギーシステム分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.機械科学コース.エネルギーシステム講座])
肩書 (任意):
[継承]
単位 (必須): 2 [継承]
目的 (必須): (英) To understand principle of energy conversion and to consider improvement of energy conversion technologies on the point of saving energy consumption and decreasing environmental damages  (日) エネルギー変換原理を理解し,省エネルギー,環境負荷低減に対する側面からエネルギー変換技術向上を考える.   [継承]
概要 (必須): (英) About 90% of world primary energy demands are provided by fossil fuel that is converted into heat, electricity, and power by combustion. The lecture will give you some information and idea about the details of combustion phenomena, and then the latest technologies of energy production and the environmental problems accompanying with energy production will be denoted. This subject is concerned with industry.  (日) 世界で利用される一次エネルギーの約9割は化石燃料であり,これらのほとんどが燃焼によって熱・電力・動力として利用されている.本講義では,まず燃焼現象の基礎と応用を講述し,続いてエネルギー生産技術とエネルギー問題およびそれに関連した環境問題について述べる.本科目は,工業に関する科目である.   [継承]
キーワード (推奨): 1.エネルギー変換 (energy conversion) [継承]
2.エネルギー資源 (energy resources) [継承]
3.エネルギー問題 (energy problem) [継承]
4.気候変動 (climate change) [継承]
5.燃焼 (combustion) [継承]
先行科目 (推奨):
関連科目 (推奨):
要件 (任意): (英) None  (日) とくになし   [継承]
注意 (任意): (英) None  (日) とくになし   [継承]
目標 (必須): 1.(英) To understand principle of energy conversion, environmental effect of energy conversion and present technologies of energy conversion, and to recognize the importance of improvement of energy conversion technologies against environmental protection  (日) エネルギー変換原理,エネルギー変換にともなう環境負荷,ならびに現状のエネルギー変換技術を理解する.省エネルギー,低環境負荷低減に対するエネルギー変換技術向上の重要性を理解する.  
[継承]
計画 (必須): 1.(英) Present energy problem  (日) エネルギー問題の現状  
[継承]
2.(英) Combustion chemistry 1  (日) 燃焼における反応論 1  
[継承]
3.(英) Combustion chemistry 2  (日) 燃焼における反応論 2  
[継承]
4.(英) Thermal and fluid dynamics in combustion phenomena 1  (日) 燃焼における熱・流体力学 1  
[継承]
5.(英) Thermal and fluid dynamics in combustion phenomena 2  (日) 燃焼における熱・流体力学 2  
[継承]
6.(英) Premixed combustion 1  (日) 予混合燃焼 1  
[継承]
7.(英) Premixed combustion 2  (日) 予混合燃焼 2  
[継承]
8.(英) Non-premixed combustion 1  (日) 非予混合燃焼 1  
[継承]
9.(英) Non-premixed combustion 2  (日) 非予混合燃焼 2  
[継承]
10.(英) Spray combustion 1  (日) 噴霧燃焼 1  
[継承]
11.(英) Spray combustion 2  (日) 噴霧燃焼 2  
[継承]
12.(英) Toxic emissions by combustion 1  (日) 燃焼による有害物質生成 1  
[継承]
13.(英) Toxic emissions by combustion 2  (日) 燃焼による有害物質生成 2  
[継承]
14.(英) Energy saving technologies (Present technologies)  (日) 省エネルギー技術(既存技術)  
[継承]
15.(英) Energy saving technologies (Future technologies)  (日) 省エネルギー技術(未来技術)  
[継承]
評価 (必須): (英) Appraise the understanding of the content of the lecture by setting some reports  (日) 講義内容の理解度をレポートにより評価する.   [継承]
再評価 (必須):
対象学生 (任意): (英) Any students other than this course can take this subject  (日) 他コース学生も履修可能   [継承]
教科書 (必須): 1.(英) Takashi Niioka, "fundamentals of Combustion Phenomena  (日) 燃焼現象の基礎   [継承]
参考資料 (推奨): 1.(英) None  (日) とくになし   [継承]
URL (任意): http://www.eco.tokushima-u.ac.jp/w3/miwa/index.html [継承]
連絡先 (推奨): 1.名田 譲 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.機械科学系.エネルギーシステム分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.機械科学コース.エネルギーシステム講座])
オフィスアワー (任意):
[継承]
科目コード (推奨):
備考 (任意): 1.(英) Need to submit some reports  (日) レポートを課する.   [継承]

●この色で表示されている項目はマップによって参照された内容です.

マップを行っている情報の編集について

マップによって参照している箇所を修正する場合には,次のようにしてください.
  • マップ先の記述とこの情報の記述を同時に修正する場合.
    →マップ先の情報(
        →閲覧 【授業概要】(2010/エネルギー変換システム論)
            →閲覧 【授業概要】(2009/エネルギー変換システム論)
                →閲覧 【授業概要】(2008/エネルギー変換システム論)
                    →閲覧 【授業概要】(2007/エネルギー変換システム論)
                        →閲覧 【授業概要】(2006/エネルギー変換システム論)
    )で編集を行なってください.
  • マップ先の記述は変更せずこの情報のみを変更する場合.
    →この頁で編集を行なってください.
    [注意] 編集画面では,マップによる参照によって得た内容は表示されません.
    [注意] 参照は同じ名前の項目がある場合に行なわれます.
    [注意] 項目を無記入にすると参照が行なわれ,それ以外には参照が行なわれません.(項目単位)

この情報を取り巻くマップ

閲覧 【授業概要】(2010/エネルギー変換システム論) 閲覧 【授業概要】(2011/エネルギー変換システム論) ←(なし)

標準的な表示

和文冊子 ● エネルギー変換システム論 / Energy conversion systems
欧文冊子 ● Energy conversion systems / エネルギー変換システム論

関連情報

この情報を参照している情報

閲覧【教育プログラム】…(1)
Number of session users = 0, LA = 0.41, Max(EID) = 367643, Max(EOID) = 984263.