『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=216522)

EID=216522EID:216522, Map:[2010/材料プロセス工学], LastModified:2011年4月6日(水) 17:07:07, Operator:[大家 隆弘], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[[教務委員会委員]/[徳島大学.工学部.化学応用工学科]], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 工学部•昼間 (授業概要) [継承]
入学年度 (必須): 西暦 2011年 (平成 23年) [継承]
名称 (必須): (英) Materials Process Engineering (日) 材料プロセス工学 (読) ざいりょうぷろせすこうがく
[継承]
形態 (不用): 1.講義 [継承]
コース (必須): 1.2011/[徳島大学.工学部.化学応用工学科]/[昼間コース] [継承]
担当教員 (必須): 1.村井 啓一郎 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.応用化学系.化学プロセス工学分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.応用化学システムコース.化学プロセス工学講座])
肩書 (任意):
[継承]
単位 (必須): 2 [継承]
目的 (必須): (英)   (日) 固体物質の物理的・化学的性質理解させ,その手助けとなる状態図(相図)の見方を習得させる.また,固体工業材料の弾性・応力・ひずみなどの力学的性質を理解させ,その材料からなる構造物や機械要素について,適切な強度設計を行うための基礎を習得させる.   [継承]
概要 (必須): (英)   (日) 固体結晶の構造やその構造評価を概説した材料科学に引き続き,その固体結晶やアモルファス材料・薄膜材料の特性や状態図の見方を述べる.また,化学装置設計・材料設計の基礎となり,種々の外力の作用する固体を扱う応用力学の一分野である材料力学について概説する.   [継承]
キーワード (推奨): 1.固溶体 (solid solution) [継承]
2.相図 (phase diagram/->キーワード[相平衡]) [継承]
3.材料力学 (strength of materials) [継承]
先行科目 (推奨): 1.基礎無機化学 ([2011/[徳島大学.工学部.化学応用工学科]/[昼間コース]]/->授業概要[2010/基礎無機化学])
必要度 (任意): 0.500000 [継承]
[継承]
2.材料科学 ([2011/[徳島大学.工学部.化学応用工学科]/[昼間コース]]/->授業概要[2010/材料科学])
必要度 (任意): 0.500000 [継承]
[継承]
関連科目 (推奨): 1.材料物性 ([2011/[徳島大学.工学部.化学応用工学科]/[昼間コース]]/->授業概要[2010/材料物性])
関連度 (任意): 1.000000 [継承]
[継承]
要件 (任意): (英)   (日) 材料科学(昼間コース)もしくは無機材料科学(夜間主コース)を履修していることが望ましい.   [継承]
注意 (任意): (英)   (日) 授業を受ける際には,2時間の授業時間毎に1時間の予習・復習をした上で授業を受けることが,授業の理解と単位取得のために必要である.   [継承]
目標 (必須): 1.(英)   (日) 固体物質の物理的・化学的性質の基礎を理解し,相図の読み取り方を習得する.  
[継承]
2.(英)   (日) 外力に伴う材料力学の基礎を習得する.  
[継承]
計画 (必須): 1.(英) Outline of material science -Crystallography-  (日) 材料科学概論 (結晶学)  
[継承]
2.(英) Outline of material science -X-ray diffraction-  (日) 材料科学概論 (X線回折法)  
[継承]
3.(英) Crystal lattice defect  (日) 結晶の格子欠陥  
[継承]
4.(英) Crystal nonstoichiometry  (日) 結晶の不定性比  
[継承]
5.(英) Substitutional solid solution  (日) 置換型固溶体  
[継承]
6.(英) Interstitial solid solution  (日) 侵入型固溶体  
[継承]
7.(英)   (日) 中間試験  
[継承]
8.(英) Phase rule  (日) 相律  
[継承]
9.(英) Phase diagram  (日) 相図の解釈  
[継承]
10.(英) Intrduction to strength of materials  (日) 材料力学概論  
[継承]
11.(英) Conception and character of Stresses  (日) 応力の概念と性質  
[継承]
12.(英) Conception and character of Strains  (日) ひずみの概念と性質  
[継承]
13.(英) Transformation of beam  (日) はりの変形  
[継承]
14.(英) Straight beam -Shearing force and Bending moment-  (日) 垂直はり(せん断力と曲げモーメント  
[継承]
15.(英) Straight beam -Moment of inertia of cross-sectional area-  (日) 垂直はり(断面2次モーメント)  
[継承]
16.(英)   (日) 期末試験  
[継承]
評価 (必須): (英)   (日) 到達目標1は,第1回∼第7回の講義が,到達目標2は第9回∼第15回の講義が関連する.到達目標の達成度は基本的に中間試験及び期末試験により評価する.成績は 中間試験(40%)と期末試験(40%)及び授業への取り組み状況(20%)により評価し,60点以上を合格とする.   [継承]
JABEE合格 (任意):
JABEE関連 (任意): (英)   (日) 本学科学習・教育目標(E:◎)に対応する.   [継承]
対象学生 (任意): 開講コースと同学科の夜間主コース学生も履修可能 [継承]
教科書 (必須): 1.(英)   (日) .   [継承]
参考資料 (推奨): 1.(英)   (日) .   [継承]
URL (任意):
連絡先 (推奨): 1.村井 啓一郎 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.応用化学系.化学プロセス工学分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.応用化学システムコース.化学プロセス工学講座])
オフィスアワー (任意):
[継承]
科目コード (推奨):
備考 (任意): 1.(英)   (日) .   [継承]

●この色で表示されている項目はマップによって参照された内容です.

マップを行っている情報の編集について

マップによって参照している箇所を修正する場合には,次のようにしてください.
  • マップ先の記述とこの情報の記述を同時に修正する場合.
    →マップ先の情報(
        →閲覧 【授業概要】(2010/材料プロセス工学)
            →閲覧 【授業概要】(2009/材料プロセス工学)
                →閲覧 【授業概要】(2008/化学装置工学)
                    →閲覧 【授業概要】(2007/化学装置工学)
                        →閲覧 【授業概要】(2006/化学装置工学)
    )で編集を行なってください.
  • マップ先の記述は変更せずこの情報のみを変更する場合.
    →この頁で編集を行なってください.
    [注意] 編集画面では,マップによる参照によって得た内容は表示されません.
    [注意] 参照は同じ名前の項目がある場合に行なわれます.
    [注意] 項目を無記入にすると参照が行なわれ,それ以外には参照が行なわれません.(項目単位)

この情報を取り巻くマップ

閲覧 【授業概要】(2010/材料プロセス工学) 閲覧 【授業概要】(2011/材料プロセス工学) ←(なし)

標準的な表示

和文冊子 ● 材料プロセス工学 / Materials Process Engineering
欧文冊子 ● Materials Process Engineering / 材料プロセス工学

関連情報

この情報を参照している情報

閲覧【教育プログラム】…(1) 閲覧【授業概要】…(5)
Number of session users = 0, LA = 1.98, Max(EID) = 360752, Max(EOID) = 966299.