『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=21647)

EID=21647EID:21647, Map:[2001/電子回路], LastModified:2007年12月28日(金) 16:49:38, Operator:[大家 隆弘], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[[教務委員会委員]/[徳島大学.工学部.光応用工学科]], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 工学部•昼間 (授業概要) [継承]
入学年度 (必須): 西暦 2002年 (平成 14年) [継承]
名称 (必須): (英) Electronic Circuits (日) 電子回路 (読) でんしかいろ
[継承]
コース (必須): 1.2002/[徳島大学.工学部.光応用工学科]/[昼間コース] [継承]
担当教員 (必須): 1.早崎 芳夫
肩書 (任意):
[継承]
単位 (必須): 2 [継承]
目的 (必須): (英)   (日) 増幅回路をはじめ,いくつかの基礎的な電子回路について講議を行うが,それらを覚えることが目的ではない.本講議を通じて,電子回路の計算法·設計法の''つぼ''が理解できれば良い.   [継承]
概要 (必須): (英)   (日) ダイオードやトランジスタ,オペアンプなどの半導体素子により構成されるアナログ電子回路を中心に講義を行う.アナログ回路は,信号の増幅回路や電源回路など,各種電子装置において不可欠な要素である.また,現在のコンピュータの動作を理解する上で重要なロジック回路についても講義する.   [継承]
キーワード (推奨):
先行科目 (推奨):
関連科目 (推奨):
要件 (任意):
注意 (任意):
目標 (必須): 1.(英)   (日) ダイオードやトランジスタ,オペアンプなどの半導体素子の動作原理を理解すること  
[継承]
2.(英)   (日) 増幅回路におけるバイアスの設計,小信号等価回路の記述と各諸量の計算をできること  
[継承]
3.(英)   (日) TTLやCMOSをはじめとするロジック回路の構成,動作,特徴を理解すること  
[継承]
計画 (必須): 1.(英)   (日) 電子回路の講議で何を学ぶか  
[継承]
2.(英)   (日) 電子回路の部品1(ダイオード)  
[継承]
3.(英)   (日) 電子回路の部品2(バイポーラトランジスタ)  
[継承]
4.(英)   (日) 電子回路の部品3(電界効果トランジスタ)  
[継承]
5.(英)   (日) トランジスタの小信号等価回路  
[継承]
6.(英)   (日) トランジスタ増幅回路1  
[継承]
7.(英)   (日) トランジスタ増幅回路2  
[継承]
8.(英)   (日) 演算増幅回路1  
[継承]
9.(英)   (日) 演算増幅回路2  
[継承]
10.(英)   (日) アナログ集積回路1(電源回路)  
[継承]
11.(英)   (日) アナログ集積回路2(差動増幅器)  
[継承]
12.(英)   (日) デジタル集積回路1(DTLとTTL)  
[継承]
13.(英)   (日) デジタル集積回路2(MOS論理回路)  
[継承]
14.(英)   (日) 集積回路その他(メモリー回路等)  
[継承]
15.(英)   (日) 予備日  
[継承]
16.(英)   (日) 定期試験  
[継承]
評価 (必須): (英)   (日) 講義2回に1回程度のレポートを行う.成績は,最終試験の成績とレポートにより評価を行う.   [継承]
JABEE合格 (任意): (英)   (日) JABEE合格:到達目標がそれぞれ達成されているかを検証し,総合評価で70%以上を合格とする.   [継承]
JABEE関連 (任意): (英)   (日) 光応用工学科の学習目標 A;38%,B;62% (JABEE 基準1との関係は添付資料1を参照)   [継承]
対象学生 (任意): 開講コース学生のみ履修可能 [継承]
教科書 (必須): 1.(英)   (日) アナログ電子回路-集積回路化時代の- 藤井信生 昭晃堂   [継承]
参考資料 (推奨): 1.(英)   (日) 電子回路 藤井信生 講談社   [継承]
URL (任意):
連絡先 (推奨): 1.早崎 芳夫
オフィスアワー (任意):
[継承]
科目コード (推奨):
備考 (任意): 1.(英)   (日) レポートの提出および小テストの受験は,特別な理由がない限り必須である. 特別な理由は前もって教官に知らせること.   [継承]
2.(英)   (日) 2(平常点):8(試験)とする.平常点にはレポートの内容,小テストを含み,試験には最終試験の成績を含む.   [継承]

●この色で表示されている項目はマップによって参照された内容です.

マップを行っている情報の編集について

マップによって参照している箇所を修正する場合には,次のようにしてください.
  • マップ先の記述とこの情報の記述を同時に修正する場合.
    →マップ先の情報(
        →閲覧 【授業概要】(2001/電子回路)
            →閲覧 【授業概要】(2000/電子回路)
    )で編集を行なってください.
  • マップ先の記述は変更せずこの情報のみを変更する場合.
    →この頁で編集を行なってください.
    [注意] 編集画面では,マップによる参照によって得た内容は表示されません.
    [注意] 参照は同じ名前の項目がある場合に行なわれます.
    [注意] 項目を無記入にすると参照が行なわれ,それ以外には参照が行なわれません.(項目単位)

この情報を取り巻くマップ

閲覧 【授業概要】(2001/電子回路) 閲覧 【授業概要】(2002/電子回路) 閲覧 【授業概要】(2003/電子回路)

標準的な表示

和文冊子 ● 電子回路 / Electronic Circuits
欧文冊子 ● Electronic Circuits / 電子回路

関連情報

この情報をマップしている情報

閲覧【授業概要】…(2)
Number of session users = 0, LA = 0.68, Max(EID) = 382692, Max(EOID) = 1022066.