『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=215893)

EID=215893EID:215893, Map:[2010/高分子化学1], LastModified:2011年1月21日(金) 18:04:23, Operator:[南川 慶二], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[[教務委員会委員]/[徳島大学.工学部.化学応用工学科]], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 工学部•昼間 (授業概要) [継承]
入学年度 (必須): 西暦 2011年 (平成 23年) [継承]
名称 (必須): (英) Polymer Chemistry 1 (日) 高分子化学1 (読) こうぶんしかがく
[継承]
形態 (不用): 1.講義 [継承]
コース (必須): 1.2011/[徳島大学.工学部.化学応用工学科]/[昼間コース] [継承]
担当教員 (必須): 1.南川 慶二 ([徳島大学.教養教育院])
肩書 (任意): 准教授 ([教職員.教員.本務教員]/[常勤]/平成19年4月1日学校教育法施行による肩書/2007年4月初日〜) [継承]
[継承]
2.平野 朋広 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.応用化学系.物質合成化学分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.応用化学システムコース.物質合成化学講座])
肩書 (任意):
[継承]
単位 (必須): 2 [継承]
目的 (必須): (英)   (日) 高分子科学の基本概念を理解し,高分子の構造,性質および合成法についての基礎知識を習得する.   [継承]
概要 (必須): (英)   (日) 身のまわりにあるいろいろな高分子材料のサンプルに手を触れながら,それぞれの化学構造と性質,合成の方法について述べる.これらの高分子材料が合成された経緯,高分子科学の発展の歴史について説明する.また,平均分子量とその測定法,重縮合による高分子合成法について平易に解説する.   [継承]
キーワード (推奨): 1.ポリマー (polymer) [継承]
2.分子量 (molecular weight) [継承]
3.重縮合 (polycondensation) [継承]
先行科目 (推奨): 1.有機化学序論 ([2011/[徳島大学.工学部.化学応用工学科]/[昼間コース]]/->授業概要[2010/有機化学序論])
必要度 (任意): 1.000000 [継承]
[継承]
2.有機化学1 ([2011/[徳島大学.工学部.化学応用工学科]/[昼間コース]]/->授業概要[2010/有機化学1])
必要度 (任意): 1.000000 [継承]
[継承]
3.有機化学2 ([2011/[徳島大学.工学部.化学応用工学科]/[昼間コース]]/->授業概要[2010/有機化学2])
必要度 (任意): 1.000000 [継承]
[継承]
関連科目 (推奨): 1.高分子化学2 ([2011/[徳島大学.工学部.化学応用工学科]/[昼間コース]]/->授業概要[2010/高分子化学2])
関連度 (任意): 1.000000 [継承]
[継承]
2.有機化学3 ([2011/[徳島大学.工学部.化学応用工学科]/[昼間コース]]/->授業概要[2010/有機化学3])
関連度 (任意): 1.000000 [継承]
[継承]
3.有機化学4 ([2011/[徳島大学.工学部.化学応用工学科]/[昼間コース]]/->授業概要[2010/有機化学4])
関連度 (任意): 0.500000 [継承]
[継承]
4.有機化学5 ([2011/[徳島大学.工学部.化学応用工学科]/[昼間コース]]/->授業概要[2010/有機化学5])
関連度 (任意): 0.500000 [継承]
[継承]
要件 (任意): (英)   (日) .   [継承]
注意 (任意): (英)   (日) 教科書に沿って授業を行うので,必ず購入すること(3年次前期「高分子化学2」でも同じ教科書を使用する).また,授業で関数電卓を使用することがある.授業を受ける際には,2時間の授業時間毎に2時間の予習と2時間の復習をした上で授業を受けることが,授業の理解と単位取得のために必要である.   [継承]
目標 (必須): 1.(英)   (日) 高分子の概念,身の回りの高分子材料について理解を深める.  
[継承]
2.(英)   (日) 高分子の合成法や性質に関する基礎知識を身につける.  
[継承]
3.(英)   (日) 重縮合の特徴と重合機構を理解する.  
[継承]
計画 (必須): 1.(英)   (日) 高分子科学入門(授業の概要,身のまわりの高分子,高分子科学の歴史)  
[継承]
2.(英)   (日) 高分子の定義と分類(合成高分子と生体高分子,単独重合体と共重合体)  
[継承]
3.(英)   (日) 高分子の定義と分類(結合様式および重合方法による分類)  
[継承]
4.(英)   (日) 高分子合成反応の特徴(重合反応の分類,代表的な重合反応の特徴)  
[継承]
5.(英)   (日) 高分子合成反応の特徴(代表的な重合反応の特徴,重合体の化学構造)  
[継承]
6.(英)   (日) 高分子の多分子性  
[継承]
7.(英)   (日) 高分子の分子形態と性質  
[継承]
8.(英)   (日) 高分子の分子特性解析  
[継承]
9.(英)   (日) 重縮合によるポリアミドの合成  
[継承]
10.(英)   (日) 重縮合によるポリエステルの合成  
[継承]
11.(英)   (日) その他の重縮合  
[継承]
12.(英)   (日) 重縮合における平均分子量と分子量分布  
[継承]
13.(英)   (日) 高分子量ポリマーを合成する条件  
[継承]
14.(英)   (日) 重縮合での反応解析  
[継承]
15.(英)   (日) 重付加と付加縮合  
[継承]
16.(英)   (日) 期末試験  
[継承]
評価 (必須): (英)   (日) 到達目標1は,第1回∼第3回の講義が,到達目標2は第4回∼第8回の講義が,到達目標3は第9回∼第15回の講義が関連する.到達目標の達成度は, 授業への取り組み姿勢およびレポートを40%,定期試験を60%として評価を行い,100点満点中60点以上を合格とする.   [継承]
JABEE合格 (任意):
JABEE関連 (任意): (英)   (日) 本学科教育目標(D:◎)に対応する   [継承]
対象学生 (任意): 開講コース学生のみ履修可能 [継承]
教科書 (必須): 1.(英)   (日) 村橋俊介他編「高分子化学」共立出版   [継承]
参考資料 (推奨): 1.(英)   (日) 佐藤恒之他著「高分子化学」朝倉書店   [継承]
2.(英)   (日) 高分子学会編「基礎高分子科学」東京化学同人   [継承]
3.(英)   (日) 伊勢典夫他著「新高分子化学序論」化学同人   [継承]
URL (任意): http://poly.chem.tokushima-u.ac.jp [継承]
連絡先 (推奨): 1.南川 慶二 ([徳島大学.教養教育院])
オフィスアワー (任意):
[継承]
2.平野 朋広 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.応用化学系.物質合成化学分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.応用化学システムコース.物質合成化学講座])
オフィスアワー (任意):
[継承]
科目コード (推奨):
備考 (任意): 1.(英)   (日) (担当) 平野2-A,南川2-B   [継承]

●この色で表示されている項目はマップによって参照された内容です.

マップを行っている情報の編集について

マップによって参照している箇所を修正する場合には,次のようにしてください.
  • マップ先の記述とこの情報の記述を同時に修正する場合.
    →マップ先の情報(
        →閲覧 【授業概要】(2010/高分子化学1)
            →閲覧 【授業概要】(2009/高分子化学1)
                →閲覧 【授業概要】(2008/高分子化学)
                    →閲覧 【授業概要】(2007/高分子化学)
                        →閲覧 【授業概要】(2006/高分子化学)
    )で編集を行なってください.
  • マップ先の記述は変更せずこの情報のみを変更する場合.
    →この頁で編集を行なってください.
    [注意] 編集画面では,マップによる参照によって得た内容は表示されません.
    [注意] 参照は同じ名前の項目がある場合に行なわれます.
    [注意] 項目を無記入にすると参照が行なわれ,それ以外には参照が行なわれません.(項目単位)

この情報を取り巻くマップ

閲覧 【授業概要】(2010/高分子化学1) 閲覧 【授業概要】(2011/高分子化学1) ←(なし)

標準的な表示

和文冊子 ● 高分子化学1 / Polymer Chemistry 1
欧文冊子 ● Polymer Chemistry 1 / 高分子化学1

関連情報

この情報を参照している情報

閲覧【教育プログラム】…(1) 閲覧【授業概要】…(5) 閲覧【担当授業】…(1)
Number of session users = 0, LA = 1.54, Max(EID) = 359726, Max(EOID) = 963341.