『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=215452)

EID=215452EID:215452, Map:0, LastModified:2014年3月25日(火) 14:06:33, Operator:[松井 栄里], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[井戸 慶治], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 学術論文 (審査論文) [継承]
言語 (必須): 日本語 [継承]
招待 (推奨):
審査 (推奨): Peer Review [継承]
カテゴリ (推奨): 研究 [継承]
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨): 1.日本独文学会.中国四国支部 [継承]
著者 (必須): 1.井戸 慶治 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.社会総合科学域.国際教養系.ヨーロッパ分野]/[徳島大学.総合科学部.社会総合科学科.国際教養コース])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英)   (日) ヴァッケンローダーにおける芸術家と社会   [継承]
副題 (任意):
要約 (任意): (英)   (日) ヴァッケンローダーの作品の中で問題視されている芸術家,ルネサンスの画家ピエロ・ディ・コジモと18世紀の架空の音楽家ヨーゼフ・ベルクリンガーの,社会との関係を検討し考察したもの.旺盛な想像力を抑制せず,社会との関係を断って孤独に死ぬピエロは,同様の資質を持ちながら外界にも素材を求め,学芸・活動の普遍性を持つレオナルド・ダ・ヴィンチと対照的に描かれている.やはりピエロに似た傾向を持つベルクリンガーは,父親との若いとその死の悲しみにより現実世界との関係を回復する.しかし彼は,芸術の社会的有用性への疑いと芸術の欺瞞性に対する良心の呵責を持ち,この近代芸術(家)に内在する問題点をピエロはまだ持たない.   [継承]
キーワード (推奨):
発行所 (推奨): (英) (日) 日本独文学会中国四国支部 (読) [継承]
誌名 (必須): (英) Die Deutsche Literatur (日) ドイツ文学論集 (読)
ISSN (任意): 0918-2810 [継承]
[継承]
(必須):
(必須): 43 [継承]
(必須): 5 5 [継承]
都市 (任意):
年月日 (必須): 西暦 2010年 10月 初日 (平成 22年 10月 初日) [継承]
URL (任意): http://ci.nii.ac.jp/naid/40017444438/ [継承]
DOI (任意):
PMID (任意):
NAID (任意): 40017444438 [継承]
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● 井戸 慶治 : ヴァッケンローダーにおける芸術家と社会, ドイツ文学論集, (巻), No.43, 5, 2010年.
欧文冊子 ● keiji Ido : ヴァッケンローダーにおける芸術家と社会, Die Deutsche Literatur, (巻), No.43, 5, 2010.

関連情報

Number of session users = 1, LA = 8.84, Max(EID) = 373382, Max(EOID) = 999129.