『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=213187)

EID=213187EID:213187, Map:0, LastModified:2010年8月10日(火) 10:58:20, Operator:[山田 博胤], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[山田 博胤], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 国際会議 [継承]
言語 (必須): 英語 [継承]
招待 (推奨):
審査 (推奨):
カテゴリ (推奨):
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨):
著者 (必須): 1.小柴 邦彦
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2.添木 武 ([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.連携研究部門(医学域).寄附講座系(医学域).実践地域診療・医科学])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
3. (英) Niki T (日) (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
4.楠瀬 賢也 ([徳島大学.病院.診療科.内科.循環器内科])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
5. (英) Hirata Y (日) (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
6.山口 浩司 ([徳島大学.病院.診療科.内科.循環器内科])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
7.八木 秀介 ([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.連携研究部門(医学域).寄附講座系(医学域).地域医療人材育成(医学域)])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
8. (英) Tomita N (日) (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
9.竹谷 善雄
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
10.岩瀬 俊
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
11.山田 博胤 ([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.連携研究部門(医学域).寄附講座系(医学域).地域循環器内科学])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
12.若槻 哲三 ([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.先端医学教育研究プロジェクト]/[徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.医科学部門.内科系.循環器内科学]/[徳島大学.病院.診療科.内科.循環器内科])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
13.赤池 雅史 ([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.医科学部門.社会医学系.医療教育学])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
14.寒川 賢治 (国立循環器病センター研究所)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
15.佐田 政隆 ([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.医科学部門.内科系.循環器内科学])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英) C-type Natriuretic Peptide Ameliorates the Progression of Experimental Autoimmune Myocarditis.  (日)    [継承]
副題 (任意):
要約 (任意):
キーワード (推奨):
発行所 (推奨):
誌名 (必須): (英) American Heart Association 2009 (日) (読)
ISSN (任意):
[継承]
(必須):
(必須):
(必須):
都市 (必須):
年月日 (必須): 西暦 2009年 11月 初日 (平成 21年 11月 初日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意):
PMID (任意):
CRID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● Kunihiko Koshiba, Takeshi Soeki, T Niki, Kenya Kusunose, Y Hirata, Koji Yamaguchi, Shusuke Yagi, N Tomita, Yoshio Taketani, Takashi Iwase, Hirotsugu Yamada, Tetsuzo Wakatsuki, Masashi Akaike, Kenji Kangawa and Masataka Sata : C-type Natriuretic Peptide Ameliorates the Progression of Experimental Autoimmune Myocarditis., American Heart Association 2009, (巻), (号), (頁), (都市), Nov. 2009.
欧文冊子 ● Kunihiko Koshiba, Takeshi Soeki, T Niki, Kenya Kusunose, Y Hirata, Koji Yamaguchi, Shusuke Yagi, N Tomita, Yoshio Taketani, Takashi Iwase, Hirotsugu Yamada, Tetsuzo Wakatsuki, Masashi Akaike, Kenji Kangawa and Masataka Sata : C-type Natriuretic Peptide Ameliorates the Progression of Experimental Autoimmune Myocarditis., American Heart Association 2009, (巻), (号), (頁), (都市), Nov. 2009.

関連情報

Number of session users = 0, LA = 1.25, Max(EID) = 392213, Max(EOID) = 1059642.