『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=21299)

EID=21299EID:21299, Map:[2001/言語処理1], LastModified:2007年12月28日(金) 17:14:29, Operator:[大家 隆弘], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[任 福継], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 工学部•夜間主 (授業概要) [継承]
入学年度 (必須): 西暦 2002年 (平成 14年) [継承]
名称 (必須): (英) Language Processing 1 (日) 言語処理1 (読) げんごしょり
[継承]
コース (必須): 1.2002/[徳島大学.工学部.知能情報工学科]/[夜間主コース] [継承]
担当教員 (必須): 1.任 福継 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.知能情報系.情報工学分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.情報光システムコース.情報工学講座]/->個人[中川 福継])
肩書 (任意):
[継承]
単位 (必須): 2 [継承]
目的 (必須): (英)   (日) 自然言語のコンピュータによる処理で必須な文法,そして,言 語理解における基礎的な形態素解析と構文解析技術を修得させる.   [継承]
概要 (必須): (英)   (日) 言語の基本性質とモデルから始め,自然言語処理のための形態素解析や構文解析の基礎を,実例を与えながら技術的な観点から講義する.   [継承]
キーワード (推奨):
先行科目 (推奨):
関連科目 (推奨):
要件 (任意):
注意 (任意):
目標 (必須): 1.(英)   (日) 自然言語のコンピュータによる処理で必須な文法,そして,言語理解における礎的な形態素解析と構文解析技術を修得させる.  
[継承]
2.(英)   (日) 言語の基本性質とモデルから始め,自然言語処理のための形態素解析や構文解析の基礎を勉強し,知能情報工学を考える能力を育成する.  
[継承]
計画 (必須): 1.(英)   (日) 言語処理概観  
[継承]
2.(英)   (日) 形態素解析I(形態素,形態素情報)  
[継承]
3.(英)   (日) 形態素解析II(連接規則,コストの導入)  
[継承]
4.(英)   (日) 形態素解析III(アルゴリズム,かな漢字変換)  
[継承]
5.(英)   (日) 言語の統計  
[継承]
6.(英)   (日) 形式文法I (文脈自由文法,標準形)  
[継承]
7.(英)   (日) 形式文法II (プッシュダウンオートマトン,文脈自由言語)  
[継承]
8.(英)   (日) 構文解析I (アルゴリズムI)  
[継承]
9.(英)   (日) 構文解析II(アルゴリズムII)  
[継承]
10.(英)   (日) 構文解析III(アルゴリズムIII)  
[継承]
11.(英)   (日) 文脈自由文法の拡張  
[継承]
12.(英)   (日) 意味解析の初歩  
[継承]
13.(英)   (日) 電子辞書の構成と検索  
[継承]
14.(英)   (日) 言語の曖昧性  
[継承]
15.(英)   (日) 自然言語理解の初歩  
[継承]
16.(英)   (日) 定期試験  
[継承]
評価 (必須): (英)   (日) 講義に対する理解力の評価は講義への参加状況,演習の回答,レ ポートの提出状況と内容及び最終試験の成績を総合して行う.   [継承]
対象学生 (任意):
教科書 (必須): 1.(英)   (日) 特に指定しない.随時講義メモ,資料を配布する.   [継承]
参考資料 (推奨): 1.(英)   (日) 長尾真 編 「自然言語処理」岩波書店   [継承]
2.(英)   (日) 岡田直之 著 「自然言語処理入門」共立出版   [継承]
3.(英)   (日) 東条敏 著 「自然言語処理入門」近代科学社   [継承]
4.(英)   (日) 石崎俊 著 「自然言語処理」昭晃堂   [継承]
URL (任意):
連絡先 (推奨):
科目コード (推奨):
備考 (任意): 1.(英)   (日) オートマトンと言語理論を受講しておくことが望ましい.   [継承]
2.(英)   (日) 成績評価に対する平常点と試験の比率は 5:5とする. 平常点には講義への参加状況,演習の回答及びレポートの提出状況と内 容を含む.   [継承]

●この色で表示されている項目はマップによって参照された内容です.

マップを行っている情報の編集について

マップによって参照している箇所を修正する場合には,次のようにしてください.
  • マップ先の記述とこの情報の記述を同時に修正する場合.
    →マップ先の情報(
        →閲覧 【授業概要】(2001/言語処理1)
    )で編集を行なってください.
  • マップ先の記述は変更せずこの情報のみを変更する場合.
    →この頁で編集を行なってください.
    [注意] 編集画面では,マップによる参照によって得た内容は表示されません.
    [注意] 参照は同じ名前の項目がある場合に行なわれます.
    [注意] 項目を無記入にすると参照が行なわれ,それ以外には参照が行なわれません.(項目単位)

この情報を取り巻くマップ

閲覧 【授業概要】(2001/言語処理1) 閲覧 【授業概要】(2002/言語処理1) 閲覧 【授業概要】(2003/言語処理1)

標準的な表示

和文冊子 ● 言語処理1 / Language Processing 1
欧文冊子 ● Language Processing 1 / 言語処理1

関連情報

この情報をマップしている情報

閲覧【授業概要】…(2)
Number of session users = 0, LA = 1.03, Max(EID) = 372535, Max(EOID) = 996374.