『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=21216)

EID=21216EID:21216, Map:[2001/機械基礎実習], LastModified:2007年12月28日(金) 16:31:46, Operator:[大家 隆弘], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[[教務委員会委員]/[徳島大学.工学部.機械工学科]], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 工学部•昼間 (授業概要) [継承]
入学年度 (必須): 西暦 2002年 (平成 14年) [継承]
名称 (必須): (英) Introduction to Mechanical Engineering Laboratory (日) 機械基礎実習 (読) きかいきそじっしゅう
[継承]
コース (必須): 1.2002/[徳島大学.工学部.機械工学科]/[昼間コース] [継承]
担当教員 (必須): 1.英 崇夫
肩書 (任意):
[継承]
2.猪子 富久治
肩書 (任意):
[継承]
3.三輪 惠
肩書 (任意):
[継承]
4.小西 克信
肩書 (任意):
[継承]
5.升田 雅博
肩書 (任意):
[継承]
単位 (必須): 1 [継承]
目的 (必須): (英)   (日) 各種機械に慣れ親しみ,その構成要素,機構,精度,性能などを調べることによって,機械工学や 技術と機械との有機的つながりを考える. さらに,バイスの製作を通して部品類の具現化の方法,図面の読み方など を体験学習する. これらを通じて機械工学の果たす役割を認識させるとともに機械エンジニアとしての自覚を促す.   [継承]
概要 (必須): (英)   (日) 安全についての考え方をまず述べ,工作機械類を使用したバイスの製作とディーゼルエンジン,ドアエン ジン,サーボモータの分解·組立·運転を実習するとともに,性能試験や材料試験を行い,これから学ぶ機械工学· 術の具現法の一端を体験する.   [継承]
キーワード (推奨):
先行科目 (推奨):
関連科目 (推奨):
要件 (任意):
注意 (任意):
目標 (必須): 1.(英)   (日) 社会生活の中で機械工学が果たしている役割の一端を理解する.  
[継承]
2.(英)   (日) 「ものづくり」の基本を理解する.  
[継承]
3.(英)   (日) プレゼンテーションの方法を修得する.  
[継承]
計画 (必須): 1.(英)   (日) 安全管理  
[継承]
2.(英)   (日) MCによるバイス本体の製作  
[継承]
3.(英)   (日) 汎用旋盤によるバイスねじ部の製作  
[継承]
4.(英)   (日) バイスの組立  
[継承]
5.(英)   (日) 溶接  
[継承]
6.(英)   (日) レポート作成  
[継承]
7.(英)   (日) ディーゼルエンジンの分解  
[継承]
8.(英)   (日) ディーゼルエンジンの組立·運転  
[継承]
9.(英)   (日) レポート作成  
[継承]
10.(英)   (日) ドアエンジンの分解·組立·運転  
[継承]
11.(英)   (日) 材料試験  
[継承]
12.(英)   (日) レポート作成  
[継承]
13.(英)   (日) サーボモータの分解·組立  
[継承]
14.(英)   (日) サーボモータの性能評価  
[継承]
15.(英)   (日) レポート作成  
[継承]
16.(英)   (日) 予備日  
[継承]
評価 (必須): (英)   (日) 実習に対する理解力の評価は,定期試験は行わず,実習への参加の状況と取り組み態度,レポートの 提出状況と内容を総合して行う.   [継承]
JABEE合格 (任意):
JABEE関連 (任意):
対象学生 (任意):
教科書 (必須): 1.(英)   (日) 「機械基礎実習指導書」を配布する.   [継承]
参考資料 (推奨): 1.(英)   (日) 賀勢晋著「機械工作例題演習」コロナ社   [継承]
URL (任意):
連絡先 (推奨):
科目コード (推奨):
備考 (任意): 1.(英)   (日) 指導員の指示に従って盲目的に実習するのではなく,研究的態度で臨むことが重要である. ただし,機械 類を扱うので指導員の注意を十分に守ることを忘れてはいけない.   [継承]
2.(英)   (日) 平常点とレポートとの比率は,30:70とする. 平常点は出席状況,実習に取り組む態 度を含む.   [継承]

●この色で表示されている項目はマップによって参照された内容です.

マップを行っている情報の編集について

マップによって参照している箇所を修正する場合には,次のようにしてください.
  • マップ先の記述とこの情報の記述を同時に修正する場合.
    →マップ先の情報(
        →閲覧 【授業概要】(2001/機械基礎実習)
            →閲覧 【授業概要】(2000/機械基礎実習)
    )で編集を行なってください.
  • マップ先の記述は変更せずこの情報のみを変更する場合.
    →この頁で編集を行なってください.
    [注意] 編集画面では,マップによる参照によって得た内容は表示されません.
    [注意] 参照は同じ名前の項目がある場合に行なわれます.
    [注意] 項目を無記入にすると参照が行なわれ,それ以外には参照が行なわれません.(項目単位)

この情報を取り巻くマップ

閲覧 【授業概要】(2001/機械基礎実習) 閲覧 【授業概要】(2002/機械基礎実習) 閲覧 【授業概要】(2003/機械基礎実習)

標準的な表示

和文冊子 ● 機械基礎実習 / Introduction to Mechanical Engineering Laboratory
欧文冊子 ● Introduction to Mechanical Engineering Laboratory / 機械基礎実習

関連情報

この情報をマップしている情報

閲覧【授業概要】…(2)
Number of session users = 0, LA = 0.43, Max(EID) = 383334, Max(EOID) = 1024616.