『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=20984)

EID=20984EID:20984, Map:0, LastModified:2005年3月10日(木) 11:21:08, Operator:[松木 均], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[松木 均], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 著書 [継承]
言語 (必須):
招待 (推奨):
審査 (推奨):
カテゴリ (推奨):
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨): 1.徳島大学.工学部.生物工学科.生物機能工学講座 [継承]
著者 (必須): 1.松木 均 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.生物資源産業学域.応用生命系.応用生物資源学分野]/[徳島大学.生物資源産業学部.生物資源産業学科.応用生命講座])
役割 (任意): (英)   (日) 記述,計画,解析,考察   [継承]
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2.金品 昌志
役割 (任意): (英)   (日) 計画,解析,考察   [継承]
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英) Encyclopedia of Surface and Colloid Science  (日)    [継承]
副題 (任意): (英) Molecular Interactions between Local Anesthetics and Model Biomembranes  (日)    [継承]
要約 (任意): (英)   (日) 局所麻酔薬の作用メカニズムを解明する目的で,これまで行ってきた生体モデル膜と局所麻酔薬との相互作用研究について述べた.局所麻酔薬の両親媒的および弱酸的な性質を説明し,それらの界面活性剤単分子膜会合体(表面吸着膜とミセル)およびリン脂質二分子膜会合体(ベシクル)中への分配様式について解説した.生体膜の提供する疎水性環境中には局所麻酔薬の非解離型が優先的に取り込まれ,非解離型が麻酔作用には重要な役割を担っていることを結論づけた.   [継承]
キーワード (推奨):
発行所 (必須): Marcel Dekker.Inc [継承]
誌名 (任意):
(任意):
(任意):
(任意): 3517 3534 [継承]
都市 (必須): ニューヨーク (New York/[アメリカ合衆国]) [継承]
年月日 (必須): 西暦 2002年 5月 1日 (平成 14年 5月 1日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意):
PMID (任意):
NAID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● Hitoshi Matsuki and Shoji Kaneshina : Encyclopedia of Surface and Colloid Science, --- Molecular Interactions between Local Anesthetics and Model Biomembranes ---, Marcel Dekker.Inc, New York, May 2002.
欧文冊子 ● Hitoshi Matsuki and Shoji Kaneshina : Encyclopedia of Surface and Colloid Science, --- Molecular Interactions between Local Anesthetics and Model Biomembranes ---, Marcel Dekker.Inc, New York, May 2002.

関連情報

Number of session users = 0, LA = 0.64, Max(EID) = 372583, Max(EOID) = 996813.