『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=20979)

EID=20979EID:20979, Map:0, LastModified:2013年6月12日(水) 12:51:23, Operator:[松木 均], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[松木 均], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 学術論文 (審査論文) [継承]
言語 (必須):
招待 (推奨):
審査 (推奨):
カテゴリ (推奨):
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨): 1.徳島大学.工学部.生物工学科.生物機能工学講座 [継承]
著者 (必須): 1. (英) Maruyama Shoji (日) (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2.松木 均 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.生物資源産業学域.応用生命系.応用生物資源学分野]/[徳島大学.生物資源産業学部.生物資源産業学科.応用生命講座])
役割 (任意): (英)   (日) 計画,考察   [継承]
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
3. (英) Ichimori Hayato (日) (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
4.金品 昌志
役割 (任意): (英)   (日) 計画,解析,考察,論文執筆の指導   [継承]
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英) Thermotropic and Barotropic Phase Behavior of Dihexadecylphosphatidylcholine Bilayer Membrane  (日)    [継承]
副題 (任意):
要約 (任意): (英)   (日) エーテル結合型リン脂質ジヘキサデシルホスファチジルコリン多重層ベシクルの温度-圧力相図を高圧光透過法により構築した.前転移(指組構造のゲル相からリップルゲル相)温度と主転移(リップルゲル相から液晶相)温度の圧力依存性から,これら相転移に伴う体積変化を算出した.また,得られた結果をエステル結合型リン脂質のものと比較し,エーテル結合型とエステル結合型リン脂質間の相図の相違について議論した.   [継承]
キーワード (推奨):
発行所 (推奨): Elsevier (->組織[Elsevier Science]) [継承]
誌名 (必須): Chemistry and Physics of Lipids ([Elsevier Science])
(resolved by 0009-3084)
ISSN: 0009-3084 (pISSN: 0009-3084, eISSN: 1873-2941)
Title: Chemistry and physics of lipids
Title(ISO): Chem Phys Lipids
Publisher: Elsevier BV
 (NLM Catalog  (Scopus  (CrossRef (Scopus information is found. [need login])
(resolved by 1873-2941)
ISSN: 0009-3084 (pISSN: 0009-3084, eISSN: 1873-2941)
Title: Chemistry and physics of lipids
Title(ISO): Chem Phys Lipids
Publisher: Elsevier BV
 (NLM Catalog  (Scopus  (CrossRef (Scopus information is found. [need login])

ISSN (任意):
[継承]
(必須): 82 [継承]
(必須): 2 [継承]
(必須): 125 132 [継承]
都市 (任意):
年月日 (必須): 西暦 1996年 8月 1日 (平成 8年 8月 1日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意):
PMID (任意):
NAID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● Shoji Maruyama, Hitoshi Matsuki, Hayato Ichimori and Shoji Kaneshina : Thermotropic and Barotropic Phase Behavior of Dihexadecylphosphatidylcholine Bilayer Membrane, Chemistry and Physics of Lipids, Vol.82, No.2, 125-132, 1996.
欧文冊子 ● Shoji Maruyama, Hitoshi Matsuki, Hayato Ichimori and Shoji Kaneshina : Thermotropic and Barotropic Phase Behavior of Dihexadecylphosphatidylcholine Bilayer Membrane, Chemistry and Physics of Lipids, Vol.82, No.2, 125-132, 1996.

関連情報

Number of session users = 0, LA = 1.48, Max(EID) = 372577, Max(EOID) = 996785.