『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=20978)

EID=20978EID:20978, Map:0, LastModified:2005年2月5日(土) 18:28:54, Operator:[松木 均], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[松木 均], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 学術論文 (審査論文) [継承]
言語 (必須):
招待 (推奨):
審査 (推奨):
カテゴリ (推奨):
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨): 1.徳島大学.工学部.生物工学科.生物機能工学講座 [継承]
著者 (必須): 1.松木 均 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.生物資源産業学域.応用生命系.応用生物資源学分野]/[徳島大学.生物資源産業学部.生物資源産業学科.応用生命講座])
役割 (任意): (英)   (日) 記述,解析,考察   [継承]
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2. (英) Ichikawa Ryoichi (日) (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
3.金品 昌志
役割 (任意): (英)   (日) 計画,解析,考察   [継承]
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
4. (英) Kamaya Hiroshi (日) (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
5. (英) Ueda Issaku (日) (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英) Differential Scanning Calorimetric Study on the Krafft Phenomenon of Local Anesthetics  (日)    [継承]
副題 (任意):
要約 (任意): (英)   (日) 6種類の局所麻酔薬のクラフト現象を示差走査熱量法により調べた.得られた結果から各麻酔薬に対してクラフト温度,臨界ミセル濃度およびコアゲル相-ミセル溶液転移に伴うエンタルピー変化を決定した.これらの値をクラフト点を有する直鎖の陽イオン性界面活性剤のものと比較し,局所麻酔薬が有する疎水性の程度を明確にした.さらにテトラカイン塩酸塩とブピバカイン塩酸塩の溶解挙動の相違についてエンタルピー観点から議論した.   [継承]
キーワード (推奨):
発行所 (推奨): Academic Press (->組織[Elsevier Science]) [継承]
誌名 (必須): Journal of Colloid and Interface Science ([Academic Press])
(resolved by 0021-9797)
ISSN: 0021-9797 (pISSN: 0021-9797, eISSN: 1095-7103)
Title: Journal of colloid and interface science
Title(ISO): J Colloid Interface Sci
Publisher: Elsevier Inc.
 (NLM Catalog  (Scopus  (CrossRef (Scopus information is found. [need login])
(resolved by 1095-7103)
ISSN: 0021-9797 (pISSN: 0021-9797, eISSN: 1095-7103)
Title: Journal of colloid and interface science
Title(ISO): J Colloid Interface Sci
Publisher: Elsevier Inc.
 (NLM Catalog  (Scopus  (CrossRef (Scopus information is found. [need login])

ISSN (任意):
[継承]
(必須): 181 [継承]
(必須): 2 [継承]
(必須): 362 369 [継承]
都市 (任意):
年月日 (必須): 西暦 1996年 6月 1日 (平成 8年 6月 1日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意):
PMID (任意):
NAID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● Hitoshi Matsuki, Ryoichi Ichikawa, Shoji Kaneshina, Hiroshi Kamaya and Issaku Ueda : Differential Scanning Calorimetric Study on the Krafft Phenomenon of Local Anesthetics, Journal of Colloid and Interface Science, Vol.181, No.2, 362-369, 1996.
欧文冊子 ● Hitoshi Matsuki, Ryoichi Ichikawa, Shoji Kaneshina, Hiroshi Kamaya and Issaku Ueda : Differential Scanning Calorimetric Study on the Krafft Phenomenon of Local Anesthetics, Journal of Colloid and Interface Science, Vol.181, No.2, 362-369, 1996.

関連情報

Number of session users = 0, LA = 0.63, Max(EID) = 372548, Max(EOID) = 996414.