『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=20846)

EID=20846EID:20846, Map:0, LastModified:2018年8月6日(月) 09:10:59, Operator:[鈴木 良尚], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[鈴木 良尚], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 学術レター (ショートペーパー) [継承]
言語 (必須):
招待 (推奨):
審査 (推奨):
カテゴリ (推奨):
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨): 1.日本結晶成長学会 [継承]
2.日本物理学会 [継承]
3.徳島大学.工学部.化学応用工学科.物質機能化学講座 [継承]
著者 (必須): 1. (英) Komatsu, Hiroshi (日) 小松 啓 (読) こまつ ひろし
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2. (英) Miyashita, Satoru (日) 宮下 哲 (読) みやした さとる
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
3.鈴木 良尚 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.応用化学系.物質機能化学分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.応用化学システムコース.物質機能化学講座])
役割 (任意): (英)   (日) 実験   [継承]
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英) Interferometric Observation of the Interfacial Concentration Gradient Layers Around a Lysozyme Crystal  (日)    [継承]
副題 (任意):
要約 (任意): (英)   (日) 反射型マイケルソン干渉計を用いて,初めて,成長,もしくは溶解しているタンパク質結晶の表面モルフォロジー及び界面の濃度勾配層の観察に成功した.この方法を用いれば,溶液からの結晶の成長kineticsをうまく解析できるようになるであろう.   [継承]
キーワード (推奨):
発行所 (推奨): 応用物理学会 [継承]
誌名 (必須): Japanese Journal of Applied Physics, Part 2 (Letters) ([応用物理学会])
ISSN (任意):
[継承]
(必須): 32 [継承]
(必須):
(必須): 1855 1857 [継承]
都市 (任意):
年月日 (必須): 西暦 1993年 1月 1日 (平成 5年 1月 1日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意):
PMID (任意):
NAID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● Hiroshi Komatsu, Satoru Miyashita and Yoshihisa Suzuki : Interferometric Observation of the Interfacial Concentration Gradient Layers Around a Lysozyme Crystal, Japanese Journal of Applied Physics, Part 2 (Letters), Vol.32, (号), 1855-1857, 1993.
欧文冊子 ● Hiroshi Komatsu, Satoru Miyashita and Yoshihisa Suzuki : Interferometric Observation of the Interfacial Concentration Gradient Layers Around a Lysozyme Crystal, Japanese Journal of Applied Physics, Part 2 (Letters), Vol.32, (号), 1855-1857, 1993.

関連情報

Number of session users = 0, LA = 0.56, Max(EID) = 382135, Max(EOID) = 1020781.