『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=208121)

EID=208121EID:208121, Map:0, LastModified:2012年2月15日(水) 15:41:30, Operator:[三木 ちひろ], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[佐々木 卓也], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 国内講演発表 [継承]
言語 (必須): 英語 [継承]
招待 (推奨):
審査 (推奨):
カテゴリ (推奨):
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨):
著者 (必須): 1. (英) Keisuke Tabata (日) (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2. (英) Kohichi Matsunaga (日) (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
3.坂根 亜由子 ([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.医科学部門.生理系.生化学])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
4.佐々木 卓也 ([徳島大学])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
5. (英) Takeshi Noda (日) (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
6. (英) Tamotsu Yoshimori (日) (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英) The Rubicon family negatively regulates the endocytic pathway through the interactions with Rab7.  (日) RubiconファミリーはRab7との結合を介してエンドサイトーシス経路を負に制御する   [継承]
副題 (任意):
要約 (任意):
キーワード (推奨):
発行所 (推奨):
誌名 (必須): (英) The 62rd Annual Meeting of the Japan Society for Cell Biology (日) 第62回日本細胞生物学会大会 (読) にほんさいぼうせいぶつがっかいたいかい
ISSN (任意):
[継承]
(必須): [継承]
(必須): [継承]
(必須): [継承]
都市 (必須): 大阪 (Osaka/[日本国]) [継承]
年月日 (必須): 西暦 2010年 5月 19日 (平成 22年 5月 19日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意):
PMID (任意):
NAID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● Tabata Keisuke, Matsunaga Kohichi, Ayuko Sakane, Takuya Sasaki, Noda Takeshi and Yoshimori Tamotsu : The Rubicon family negatively regulates the endocytic pathway through the interactions with Rab7., The 62rd Annual Meeting of the Japan Society for Cell Biology, May 2010.
欧文冊子 ● Tabata Keisuke, Matsunaga Kohichi, Ayuko Sakane, Takuya Sasaki, Noda Takeshi and Yoshimori Tamotsu : The Rubicon family negatively regulates the endocytic pathway through the interactions with Rab7., The 62rd Annual Meeting of the Japan Society for Cell Biology, May 2010.

関連情報

Number of session users = 2, LA = 0.68, Max(EID) = 375407, Max(EOID) = 1006119.