『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=20766)

EID=20766EID:20766, Map:0, LastModified:2005年2月11日(金) 14:02:46, Operator:[平野 朋広], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[平野 朋広], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 国際会議 [継承]
言語 (必須): 英語 [継承]
招待 (推奨):
審査 (推奨):
カテゴリ (推奨):
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨): 1.徳島大学.工学部.化学応用工学科.物質合成化学講座 [継承]
著者 (必須): 1. (英) Kitayama Tatsuki (日) 北山 辰樹 (読) きたやま たつき
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2.平野 朋広 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.応用化学系.物質合成化学分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.応用化学システムコース.物質合成化学講座])
役割 (任意): 共著 [継承]
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
3. (英) Yamaguchi Hiroko (日) 山口 博子 (読) やまぐち ひろこ
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
4. (英) Hatada Koichi (日) 畑田 耕一 (読) はただ こういち
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英) Anionic Polymerization of a Methacrylate Having Unprotected Phenolic Hydrogen  (日)    [継承]
副題 (任意):
要約 (任意): (英)   (日) t-BuLi とalkylaluminum bis(2,6-di-t-butylphenoxide)の組み合わせからなる開始剤を用いると,アニオン重合の禁止剤となるフェノール水酸基を保護することなしに,メタクリル酸エステルのアニオン重合でポリマーが得られることを見出した.   [継承]
キーワード (推奨):
発行所 (推奨):
誌名 (必須): (英) 6th International Polymer Conference (日) (読)
ISSN (任意):
[継承]
(必須):
(必須):
(必須):
都市 (必須): (英) Kusatsu (Japan) (日) (読) [継承]
年月日 (必須): 西暦 1997年 10月 1日 (平成 9年 10月 1日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意):
PMID (任意):
NAID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● Tatsuki Kitayama, Tomohiro Hirano, Hiroko Yamaguchi and Koichi Hatada : Anionic Polymerization of a Methacrylate Having Unprotected Phenolic Hydrogen, 6th International Polymer Conference, (巻), (号), (頁), Kusatsu (Japan), Oct. 1997.
欧文冊子 ● Tatsuki Kitayama, Tomohiro Hirano, Hiroko Yamaguchi and Koichi Hatada : Anionic Polymerization of a Methacrylate Having Unprotected Phenolic Hydrogen, 6th International Polymer Conference, (巻), (号), (頁), Kusatsu (Japan), Oct. 1997.

関連情報

Number of session users = 4, LA = 0.67, Max(EID) = 383397, Max(EOID) = 1024790.