『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=20765)

EID=20765EID:20765, Map:0, LastModified:2005年2月11日(金) 14:02:14, Operator:[平野 朋広], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[平野 朋広], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 国際会議 [継承]
言語 (必須): 英語 [継承]
招待 (推奨):
審査 (推奨):
カテゴリ (推奨):
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨): 1.徳島大学.工学部.化学応用工学科.物質合成化学講座 [継承]
著者 (必須): 1. (英) Kitayama Tatsuki (日) 北山 辰樹 (読) きたやま たつき
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2.平野 朋広 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.応用化学系.物質合成化学分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.応用化学システムコース.物質合成化学講座])
役割 (任意): 共著 [継承]
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
3. (英) Hatada Koichi (日) 畑田 耕一 (読) はただ こういち
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英) Heterotactic Living Polymerization of Methacrylate: Insight into Mechanism from Chain-end Stereostructure  (日)    [継承]
副題 (任意):
要約 (任意): (英)   (日) t-BuLi / bis(2,6-di-t-butylphenoxy)methylaluminumを開始剤とするヘテロタクチックリビングアニオン重合で合成したポリメタクリル酸エステルの末端近傍および主鎖の立体規則性分布を13C NMRを用いて解析し,重合反応機構について考察を行った.   [継承]
キーワード (推奨):
発行所 (推奨):
誌名 (必須): (英) 213th American Chemical Society National Meeting (日) (読)
ISSN (任意):
[継承]
(必須):
(必須):
(必須):
都市 (必須): (英) San Francisco (USA) (日) (読) [継承]
年月日 (必須): 西暦 1997年 4月 1日 (平成 9年 4月 1日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意):
PMID (任意):
NAID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● Tatsuki Kitayama, Tomohiro Hirano and Koichi Hatada : Heterotactic Living Polymerization of Methacrylate: Insight into Mechanism from Chain-end Stereostructure, 213th American Chemical Society National Meeting, (巻), (号), (頁), San Francisco (USA), April 1997.
欧文冊子 ● Tatsuki Kitayama, Tomohiro Hirano and Koichi Hatada : Heterotactic Living Polymerization of Methacrylate: Insight into Mechanism from Chain-end Stereostructure, 213th American Chemical Society National Meeting, (巻), (号), (頁), San Francisco (USA), April 1997.

関連情報

Number of session users = 3, LA = 0.30, Max(EID) = 383397, Max(EOID) = 1024796.