『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=20701)

EID=20701EID:20701, Map:0, LastModified:2005年9月27日(火) 11:52:30, Operator:[近江 千代子], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[南川 慶二], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 学術レター (ショートペーパー) [継承]
言語 (必須): 英語 [継承]
招待 (推奨):
審査 (推奨):
カテゴリ (推奨):
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨): 1.徳島大学.工学部.化学応用工学科.物質合成化学講座 [継承]
著者 (必須): 1.田中 正己 ([徳島文理大学])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2.増田 精造
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
3. (英) Miyahara Tomiharu (日) (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
4.南川 慶二 ([徳島大学.教養教育院])
役割 (任意): 共著 [継承]
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英) Chelating Properties and Complex Structure of Polymethacryloylglycine  (日)    [継承]
副題 (任意):
要約 (任意): (英)   (日) アミノ酸残基を持つポリマーはアミド基とカルボキシルの2つの官能基の相乗効果により優れた金属吸着能が期待できる.そこで,ポリメタクリロイルグリシンを合成し,ポリマーと二価金属イオンとの錯安定度定数を求めた.安定度定数はIrvingの序列に従った.13C-NMRを用いて金属錯体の構造を解析した結果,銅錯体は5員環を形成し,マンガン錯体は7員環を形成していることがわかった.   [継承]
キーワード (推奨):
発行所 (推奨):
誌名 (必須): Reports on Progress in Polymer Physics in Japan (高分子物理年報刊行会)
ISSN (任意):
[継承]
(必須): 39 [継承]
(必須):
(必須): 155 156 [継承]
都市 (任意):
年月日 (必須): 西暦 1996年 12月 1日 (平成 8年 12月 1日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意):
PMID (任意):
NAID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● Masami Tanaka, Seizo Masuda, Tomiharu Miyahara and Keiji Minagawa : Chelating Properties and Complex Structure of Polymethacryloylglycine, Reports on Progress in Polymer Physics in Japan, Vol.39, (号), 155-156, 1996.
欧文冊子 ● Masami Tanaka, Seizo Masuda, Tomiharu Miyahara and Keiji Minagawa : Chelating Properties and Complex Structure of Polymethacryloylglycine, Reports on Progress in Polymer Physics in Japan, Vol.39, (号), 155-156, 1996.

関連情報

Number of session users = 4, LA = 1.66, Max(EID) = 359812, Max(EOID) = 963830.