『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=20663)

EID=20663EID:20663, Map:0, LastModified:2010年10月14日(木) 12:16:50, Operator:[三木 ちひろ], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[南川 慶二], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 学術レター (ショートペーパー) [継承]
言語 (必須): 英語 [継承]
招待 (推奨):
審査 (推奨): Peer Review [継承]
カテゴリ (推奨): 研究 [継承]
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨): 1.徳島大学.工学部.化学応用工学科.物質合成化学講座 [継承]
著者 (必須): 1.本仲 純子
役割 (任意): 共著 [継承]
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2. (英) Mitsunaga Kenji (日) (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
3.南川 慶二 ([徳島大学.教養教育院])
役割 (任意): 共著 [継承]
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
4.増田 精造
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
5. (英) Ikeda Sanae (日) (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英) Utilization of Diketone Polymer Membrnce for Micro-Sensor  (日)    [継承]
副題 (任意):
要約 (任意): (英)   (日) βージケトン基を有するポリマーであるポリメタクリロイルアセトンは選択的に金属イオンに配位して錯体を形成する.この性質を利用して,ポリメタクリロイルアセトンを膜感応物質として超微小白金センサ上に被覆し,金属イオン測定用センサの可能性について検討した.試作センサは鉄イオン,銅イオン,鉛イオン,ならびにモリブデンイオンの定量に適用できた.   [継承]
キーワード (推奨):
発行所 (推奨):
誌名 (必須): Reports on Progress in Polymer Physics in Japan (高分子物理年報刊行会)
ISSN (任意):
[継承]
(必須):
(必須): 40 [継承]
(必須): 1921 1927 [継承]
都市 (任意):
年月日 (必須): 西暦 1997年 12月 1日 (平成 9年 12月 1日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意):
PMID (任意):
NAID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● Junko Motonaka, Kenji Mitsunaga, Keiji Minagawa, Seizo Masuda and Sanae Ikeda : Utilization of Diketone Polymer Membrnce for Micro-Sensor, Reports on Progress in Polymer Physics in Japan, (巻), No.40, 1921-1927, 1997.
欧文冊子 ● Junko Motonaka, Kenji Mitsunaga, Keiji Minagawa, Seizo Masuda and Sanae Ikeda : Utilization of Diketone Polymer Membrnce for Micro-Sensor, Reports on Progress in Polymer Physics in Japan, (巻), No.40, 1921-1927, 1997.

関連情報

Number of session users = 0, LA = 1.48, Max(EID) = 359726, Max(EOID) = 963341.