『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=206600)

EID=206600EID:206600, Map:0, LastModified:2018年4月18日(水) 15:01:45, Operator:[上村 浩一], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[上村 浩一], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 国内講演発表 [継承]
言語 (必須): 日本語 [継承]
招待 (推奨):
審査 (推奨):
カテゴリ (推奨):
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨):
著者 (必須): 1.上村 浩一
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2. (英) Takami Hidenobu (日) 高見 栄喜 (読) たかみ ひでのぶ
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨): **** [ユーザ]
[継承]
3.武田 英雄 ([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.総合研究支援センター])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
4.有澤 孝吉
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英)   (日) 閉経後骨粗鬆症・骨量減少婦人への骨吸収抑制剤の骨密度反応性を左右する因子の検討   [継承]
副題 (任意):
要約 (任意):
キーワード (推奨):
発行所 (推奨):
誌名 (必須): (英) (日) 第68回日本公衆衛生学会総会 (読)
ISSN (任意):
[継承]
(必須):
(必須):
(必須):
都市 (必須):
年月日 (必須): 西暦 2009年 10月 22日 (平成 21年 10月 22日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意):
PMID (任意):
CRID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● 上村 浩一, 高見 栄喜, 武田 英雄, 有澤 孝吉 : 閉経後骨粗鬆症・骨量減少婦人への骨吸収抑制剤の骨密度反応性を左右する因子の検討, 第68回日本公衆衛生学会総会, (巻), (号), (頁), 2009年10月.
欧文冊子 ● Hirokazu Uemura, Hidenobu Takami, Hideo Takeda and Kokichi Arisawa : 閉経後骨粗鬆症・骨量減少婦人への骨吸収抑制剤の骨密度反応性を左右する因子の検討, 第68回日本公衆衛生学会総会, (巻), (号), (頁), Oct. 2009.

関連情報

Number of session users = 3, LA = 0.56, Max(EID) = 405240, Max(EOID) = 1099102.