『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=20654)

EID=20654EID:20654, Map:0, LastModified:2018年12月3日(月) 17:56:47, Operator:[大家 隆弘], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[南川 慶二], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 学術論文 (審査論文) [継承]
言語 (必須): 英語 [継承]
招待 (推奨):
審査 (推奨): Peer Review [継承]
カテゴリ (推奨):
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨): 1.徳島大学.工学部.化学応用工学科.物質合成化学講座 [継承]
著者 (必須): 1.増田 精造
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2.南川 慶二 ([徳島大学.教養教育院])
役割 (任意): 共著 [継承]
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
3. (英) Okamura Hirokazu (日) (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
4.田中 正己 ([徳島文理大学])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英) Copolymerization of Methyl N-Acetylaminoacrylate and Styrene in the Presence of Stannic Chloride  (日)    [継承]
副題 (任意):
要約 (任意): (英)   (日) N-アセチルアミノアクリル酸メチル(MNA)と四塩化スズが1:1の錯体を形成することをUVを用いた連続変化法により明らかにした.この錯体がMNAの重合挙動に及ぼす影響を,スチレンとの共重合によって検討した.四塩化スズ濃度の増加に伴い,モノマー反応性比が減少したことから,錯体が成長反応に関与していることが明らかとなった.この共重合系を,フリーMNA,錯化MNA,およびスチレンの三元共重合と仮定して,真のモノマー反応性比およびQ,e値を求めた.その結果,錯化MNAとスチレンとの交互共重合が高いことがわかった.   [継承]
キーワード (推奨):
発行所 (推奨):
誌名 (必須): European Polymer Journal ([Elsevier Science])
(pISSN: 0014-3057, eISSN: 1873-1945)

ISSN (任意): 0014-3057
ISSN: 0014-3057 (pISSN: 0014-3057, eISSN: 1873-1945)
Title: European polymer journal
Title(ISO): Eur Polym J
Publisher: Elsevier Ltd.
 (NLM Catalog  (Scopus  (CrossRef (Scopus information is found. [need login])
[継承]
[継承]
(必須): 38 [継承]
(必須): 2 [継承]
(必須): 327 331 [継承]
都市 (任意):
年月日 (必須): 西暦 2002年 2月 1日 (平成 14年 2月 1日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意): 10.1016/S0014-3057(01)00189-6    (→Scopusで検索) [継承]
PMID (任意):
NAID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● Seizo Masuda, Keiji Minagawa, Hirokazu Okamura and Masami Tanaka : Copolymerization of Methyl N-Acetylaminoacrylate and Styrene in the Presence of Stannic Chloride, European Polymer Journal, Vol.38, No.2, 327-331, 2002.
欧文冊子 ● Seizo Masuda, Keiji Minagawa, Hirokazu Okamura and Masami Tanaka : Copolymerization of Methyl N-Acetylaminoacrylate and Styrene in the Presence of Stannic Chloride, European Polymer Journal, Vol.38, No.2, 327-331, 2002.

関連情報

Number of session users = 3, LA = 0.66, Max(EID) = 359798, Max(EOID) = 963761.