『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=206217)

EID=206217EID:206217, Map:0, LastModified:2014年11月28日(金) 20:28:14, Operator:[寺田 賢治], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[寺田 賢治], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 学術論文 (審査論文) [継承]
言語 (必須): 日本語 [継承]
招待 (推奨):
審査 (推奨): Peer Review [継承]
カテゴリ (推奨): 研究 [継承]
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨): 1.情報システム工学 (2006年4月1日〜2016年3月31日) [継承]
著者 (必須): 1.寺田 賢治 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.知能情報系.知能工学分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.情報光システムコース.知能工学講座])
役割 (任意): (英)   (日) 方式の考案,アルゴリズムの構築,実験,論文執筆   [継承]
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2. (英) Matsubara Kazutaka (日) 松原 一隆 (読) まつばら かずたか
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英) A Method for Counting Multidirection Passer-by by Using Circular Space-Time Image  (日) 円形計測線時空間画像を用いた方向別人数計測   [継承]
副題 (任意):
要約 (任意): (英) Recently, the importance of understanding the number of people and the flow of the persons at public accommodation or department stores have increased more and more. This information is useful for congestion reducing, efficient promotion of the institution management and sales improvement, etc. The conventional methods of counting number of people are carried out by human viewing and by a machine of rotary stick-type counter. Therefore, we have already proposed an automatic system for counting number of people by the image processing to use a straight measurement line and a space-time image. However, these methods are not suitable for the counting at a wide place. In this paper, we propose a method of counting multidirection passer-by by using circular space-time image. In this method, a circular measurment line is set on a sequence of the background subtraction images. All pixels on this line is transformed to the space-time image. The number of passer-by can be counted by using this space-time image. But the direction information of passer-by cannot be obtained from this space-time image. Therefore, two circular measurment lines are set on a sequence of the background subtraction images. Two space-time images are generated from the outside line and the inside line. The directions of passer-by can be obtained by detecting which line passer-by passed previously.  (日) 本論文では,カメラにより得られた画像に円形計測線を設定し,人物領域を抽出することで,多方向に通行する人の自動計数手法を提案した.この手法ではまず円形の計測線に対する時空間画像を取得する.得られた時空間画像上の人ごとの塊を計測すれば,人数が認識できるが,進行方向が認識できない. そこで二重の外円と内円の計測線を設置する.これにより,2個の計測線を通過の仕方で,方向を認識できる.また人同士が固まって通過する場合と,1人がゆっくり歩く場合に,時空間画像上では同じような分布になるが,ここではその塊の画素数ではなく,速度の総和によって,人数を計測する.さらに人同士が固まって通過している場合でも,進行方向や速度を考慮しながら計測することで, 1人1人を分離する.また,計測線に対して浅い角度で進入する人に対しては,直線計測線を設定し再計測することで正しい人数計測が行なうことができる.   [継承]
キーワード (推奨): 1.ヒューマンセンシング (human sensing) [継承]
2. (英) dynamic image processing (日) 動画像処理 (読) [継承]
3. (英) space-time image (日) 時空間画像 (読) [継承]
4. (英) passer-by counting (日) 人数計測 (読) [継承]
発行所 (推奨): 電気学会 [継承]
誌名 (必須): 電気学会論文誌C (電子,情報,システム部門誌) ([電気学会])
(pISSN: 0385-4221, eISSN: 1348-8155)

ISSN (任意): 0385-4221
ISSN: 0385-4221 (pISSN: 0385-4221, eISSN: 1348-8155)
Title: 電気学会論文誌. C
Supplier: 一般社団法人 電気学会
Publisher: The Institute of Electrical Engineers of Japan
 (J-STAGE  (J-STAGE  (CrossRef (Scopus information is found. [need login])
[継承]
[継承]
(必須): 129-C [継承]
(必須): 6 [継承]
(必須): 1016 1025 [継承]
都市 (任意):
年月日 (必須): 西暦 2009年 6月 1日 (平成 21年 6月 1日) [継承]
URL (任意): http://ci.nii.ac.jp/naid/10024775465/ [継承]
DOI (任意): 10.1541/ieejeiss.129.1016    (→Scopusで検索) [継承]
PMID (任意):
NAID (任意): 10024775465 [継承]
WOS (任意):
Scopus (任意): 2-s2.0-67651183681 [継承]
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● 寺田 賢治, 松原 一隆 : 円形計測線時空間画像を用いた方向別人数計測, 電気学会論文誌C (電子,情報,システム部門誌), Vol.129-C, No.6, 1016-1025, 2009年.
欧文冊子 ● Kenji Terada and Kazutaka Matsubara : A Method for Counting Multidirection Passer-by by Using Circular Space-Time Image, IEEJ Transactions on Electronics, Information and Systems, Vol.129-C, No.6, 1016-1025, 2009.

関連情報

Number of session users = 0, LA = 0.48, Max(EID) = 371884, Max(EOID) = 994238.