『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=205810)

EID=205810EID:205810, Map:0, LastModified:2022年5月5日(木) 20:42:19, Operator:[[ADMIN]], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[山田 仁子], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 学術論文 (紀要その他) [継承]
言語 (必須): 日本語 [継承]
招待 (推奨):
審査 (推奨):
カテゴリ (推奨): 研究 [継承]
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨):
著者 (必須): 1.山田 仁子 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.社会総合科学域.国際教養系.英語圏分野]/[徳島大学.総合科学部.社会総合科学科.国際教養コース])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英) Perceptional Change from Categorization - A Case Study of English Color Term "Yellow" -  (日) カテゴリー分類が引き起こす認識の変化 ー英語の色彩語彙yellowの場合ー   [継承]
副題 (任意):
要約 (任意): (英) This study examines uses of the English color term 'yellow', and shows the possibility that the act of categorization can cause some perceptional change of things, and provides a key to clarify the dynamic process of categorization.  (日) カテゴリー分類することで,物事に対する認識の変化が起きる可能性を示す. 本研究では,具体的にyellowという英語の色彩語彙カテゴリーを取り上げる.初めて認知された際には周辺的なメンバーとしてyellowのカテゴリー内に収められた色も,いったんカテゴリー化されると,カテゴリーの中心的なメンバーである原色の黄色に近い色へと認識のされ方が変化する.この認知の変化は,カテゴリー分類が人間の認知機能に働きかけ,またカテゴリーというものがダイナミックな変動性を持つ可能性を示唆する.   [継承]
キーワード (推奨): 1.認知機能 (cognitive function) [継承]
2. (英) category (日) カテゴリー (読) かてごりー [継承]
3. (color) [継承]
発行所 (推奨): 徳島大学.総合科学部 (1986年4月22日〜) [継承]
誌名 (必須): 徳島大学総合科学部言語文化研究 ([徳島大学.総合科学部.人間社会学科.言語文化講座])
(pISSN: 1340-5632, eISSN: 2433-345X)

ISSN (任意): 1340-5632
ISSN: 1340-5632 (pISSN: 1340-5632)
Title: 言語文化研究
Supplier: 徳島大学
 (Webcat Plus (No Scopus information.)
[継承]
[継承]
(必須): 17 [継承]
(必須):
(必須): 75 82 [継承]
都市 (任意):
年月日 (必須): 西暦 2009年 12月 30日 (平成 21年 12月 30日) [継承]
URL (任意): http://ci.nii.ac.jp/naid/110007523253/ [継承]
DOI (任意):
PMID (任意):
CRID (任意): 1050845762393878400 [継承]
NAID : 110007523253 [継承]
WOS (任意):
Scopus (任意):
機関リポジトリ : 75674 [継承]
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● 山田 仁子 : カテゴリー分類が引き起こす認識の変化 ー英語の色彩語彙yellowの場合ー, 徳島大学総合科学部言語文化研究, Vol.17, (号), 75-82, 2009年.
欧文冊子 ● Hitoko Yamada : Perceptional Change from Categorization - A Case Study of English Color Term "Yellow" -, Journal of Language and Literature, Faculty of Integrated Arts and Sciences, The University of Tokushima, Vol.17, (号), 75-82, 2009.

関連情報

Number of session users = 0, LA = 0.28, Max(EID) = 392241, Max(EOID) = 1059776.