『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=205201)

EID=205201EID:205201, Map:0, LastModified:2010年2月24日(水) 21:51:28, Operator:[芥川 正武], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[芥川 正武], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): その他·研究会 [継承]
言語 (必須): 英語 [継承]
招待 (推奨): 依頼 [継承]
審査 (推奨):
カテゴリ (推奨): 研究 [継承]
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨): 博士前期課程学生による研究報告 [継承]
組織 (推奨): 1.徳島大学.大学院ソシオテクノサイエンス研究部.ライフシステム部門.生命機能工学 (2006年4月1日〜2016年3月31日) [継承]
著者 (必須): 1.陳 永健 ([徳島大学.先端技術科学教育部.システム創生工学専攻.電気電子創生工学コース])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2.芥川 正武 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.電気電子系.電気電子システム分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.電気電子システムコース.電気電子システム講座])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
3.木内 陽介
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英) Improvement of Signal-to-noise Ratio Using Neural Networks  (日) ニューラルネットワークを用いたSN比の改善   [継承]
副題 (任意):
要約 (任意):
キーワード (推奨):
発行所 (推奨): 電子情報通信学会 [継承]
誌名 (必須): 電子情報通信学会技術研究報告 ([電子情報通信学会])
ISSN (任意):
[継承]
(必須): 109 [継承]
(必須): 123 [継承]
(必須): 101 106 [継承]
都市 (必須): 徳島 (Tokushima/[日本国]) [継承]
年月日 (必須): 西暦 2009年 7月 11日 (平成 21年 7月 11日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意):
PMID (任意):
NAID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● Yongjian Chen, Masatake Akutagawa and Yohsuke Kinouchi : Improvement of Signal-to-noise Ratio Using Neural Networks, IEICE Technical Report, Vol.109, No.123, 101-106, July 2009.
欧文冊子 ● Yongjian Chen, Masatake Akutagawa and Yohsuke Kinouchi : Improvement of Signal-to-noise Ratio Using Neural Networks, IEICE Technical Report, Vol.109, No.123, 101-106, July 2009.

関連情報

Number of session users = 1, LA = 0.68, Max(EID) = 374811, Max(EOID) = 1004456.