『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=204654)

EID=204654EID:204654, Map:0, LastModified:2010年2月12日(金) 15:27:39, Operator:[宇都 義浩], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[宇都 義浩], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
組織 (推奨): 1.徳島大学.大学院ソシオテクノサイエンス研究部.ライフシステム部門.生命情報工学 (2006年4月1日〜2016年3月31日) [継承]
研究者 (必須): 1.宇都 義浩 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.生物資源産業学域.応用生命系.応用生物資源学分野]/[徳島大学.生物資源産業学部.生物資源産業学科.応用生命講座]) [継承]
種別 (必須): 1.国内 [継承]
出資団体 (必須): 独立行政法人 科学技術振興機構 (2003年10月1日〜/->組織[科学技術振興事業団]) [継承]
予算名 (必須): (英) (日) 平成21年度 研究成果最適展開支援事業(A-STEP) フィージビリティースタディ・ステージ 可能性発掘タイプ(シーズ顕在化) (読) [継承]
予算名2 (推奨):
番号 (推奨):
課題 (必須): (英)   (日) タンパク質機能低分子化技術による血管新生阻害ペプチドの開発   [継承]
要約 (任意):
金額 (推奨): 1.2080.0千円 [継承]
期間 (必須): 西暦 2009年 11月 初日 (平成 21年 11月 初日) 〜西暦 2010年 10月 末日 (平成 22年 10月 末日) [継承]
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● 宇都 義浩 : 独立行政法人 科学技術振興機構, 平成21年度 研究成果最適展開支援事業(A-STEP) フィージビリティースタディ・ステージ 可能性発掘タイプ(シーズ顕在化)・(予算名2), タンパク質機能低分子化技術による血管新生阻害ペプチドの開発, 2009年11月〜2010年10月.
欧文冊子 ● Yoshihiro Uto : Japan Science and Technology Agency, 平成21年度 研究成果最適展開支援事業(A-STEP) フィージビリティースタディ・ステージ 可能性発掘タイプ(シーズ顕在化)(予算名2), タンパク質機能低分子化技術による血管新生阻害ペプチドの開発, Nov. 2009-Oct. 2010.

関連情報

Number of session users = 3, LA = 0.63, Max(EID) = 373300, Max(EOID) = 998714.