『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=204451)

EID=204451EID:204451, Map:0, LastModified:2010年1月30日(土) 20:10:04, Operator:[中野 晋], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[中野 晋], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
報道団体 (必須): 読売新聞社 [継承]
メディア (必須): 読売新聞 ([読売新聞社]) [継承]
組織 (推奨): 1.徳島大学.環境防災研究センター (2004年4月1日〜) [継承]
報道対象 (必須): 1.中野 晋 ([徳島大学.環境防災研究センター]/[徳島大学.環境防災研究センター.防災研究部門]/[徳島大学.理工学部.理工学科.社会基盤デザインコース.防災科学講座]) [継承]
カテゴリ (必須): 研究 [継承]
題名 (必須): (英)   (日) 災害時の業務継続 首長や担当者学ぶ   [継承]
要約 (任意): (英)   (日) 四国の市町村長や国出先機関の担当者ら約270人が参加した「四国防災トップセミナー」が26日,高松市内の四国地方整備局で開かれ,災害時に必要な資機材の確保や優先するr業務を定めた「業務継続計画」について学んだ.徳島大学環境防災研究センターの中野晋教授が「計画は住民の生命や財産,経済活動を守るため」と説明.「避難所の設置や運営,救援物資の供給など行政だけでは限界がある.学校や医療機関,企業なども積極的に計画を策定すれば地域の防災力は大幅に向上する」と訴えた.   [継承]
年月日 (必須): 西暦 2010年 1月 27日 (平成 22年 1月 27日) [継承]
備考 (任意): 1.(英)   (日) 朝刊 地域版 29面   [継承]

標準的な表示

和文冊子 ●
欧文冊子 ●

関連情報

Number of session users = 0, LA = 0.28, Max(EID) = 375659, Max(EOID) = 1006582.