『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=199082)

EID=199082EID:199082, Map:0, LastModified:2011年4月11日(月) 15:17:28, Operator:[大家 隆弘], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[[教務委員会委員長]/[徳島大学.総合科学部]], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 総合科学部 (授業概要) [継承]
入学年度 (必須): 西暦 2010年 (平成 22年) [継承]
名称 (必須): (英) (日) アジア思想研究I (読) アジアしそうけんきゅう
[継承]
形態 (不用): 1.講義 [継承]
コース (必須): 1.2010/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.アジア研究コース.日本文化研究サブコース]/[学士課程] [継承]
2.2010/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.アジア研究コース.アジア研究サブコース]/[学士課程] [継承]
3.2010/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.国際文化コース.哲学·思想サブコース]/[学士課程] [継承]
担当教員 (必須): 1.有馬 卓也
肩書 (任意): 教授 ([教職員.教員.本務教員]/[常勤]) [継承]
[継承]
単位 (必須): 2 [継承]
目的 (必須): (英)   (日) アジア思想研究では,文学作品や思想書,或いは画像などを手がかりに,中国の思想·文化を様々なテーマから解明し理解していくことを主眼に於て講義を行っていく.そして,中国文化の基層に流れている様々なものを考えていきたい. 今年度は中国思想・文学の巨大なテーマの一つである隠者論を考える.このテーマは人間が生きていく中で必ずと言っていいほど体験する疎外感と密接に関わる問題であり,それ故,数多くの議論がなされてきた.それらの争点を明らかにした上で,日本の幕末維新期の志士たちをモデルに考えていく.   [継承]
概要 (必須): (英)   (日) 孤立した人間―中国的隠者論の展開   [継承]
キーワード (推奨): 1. (英) (日) 隠者論 (読) いんじゃろん [継承]
2. (英) (日) 志士 (読) しし [継承]
3. (英) (日) 幕末維新 (読) ばくまついしん [継承]
先行科目 (推奨):
関連科目 (推奨):
注意 (任意): (英)   (日) 本講義を受講するためにあらかじめ準備しておくことはない.講義中の私語等は即刻退場を命じることがある.   [継承]
目標 (必須): 1.(英)   (日) 日本における漢学の流れを理解し,あわせて文化理解への基礎的能力を養う.  
[継承]
計画 (必須): 1.(英)   (日) ガイダンス  
[継承]
2.(英)   (日) 隠者論が生まれた背景と隠者論の諸相  
[継承]
3.(英)   (日) 長州藩高杉晋作の場合  
[継承]
4.(英)   (日) 米沢藩雲井龍雄の場合  
[継承]
5.(英)   (日) 薩摩藩西郷隆盛の場合  
[継承]
6.(英)   (日) まとめ  
[継承]
評価 (必須): (英)   (日) 出席点と最終回に行う試験を総合的(おおむね5·5の予定)に判断して評価する.欠席をする場合,あらかじめ連絡を入れること.連絡があった場合の欠席と無断欠席とでは評価が異なるので注意.詳細は第一回目の講義の時に連絡する.試験は持ち込み可とするが,知識を問うような問題は出さない.   [継承]
再評価 (必須): (英)   (日) 行わない   [継承]
教科書 (必須): 1.(英)   (日) 毎回プリント(漢文)を配布するので特に教科書·参考書として指定するものはない.参考となる文献等については随時提示する.   [継承]
参考資料 (推奨):
URL (任意):
連絡先 (推奨): 1.有馬 卓也
オフィスアワー (任意): (英)   (日) 随時   [継承]
[継承]
科目コード (推奨):
備考 (任意): 1.(英)   (日) 隔年開講(今年度開講せず)   [継承]

標準的な表示

和文冊子 ● アジア思想研究I / アジア思想研究I
欧文冊子 ● アジア思想研究I / アジア思想研究I

関連情報

この情報を参照している情報

閲覧【教育プログラム】…(3)
Number of session users = 0, LA = 0.49, Max(EID) = 383271, Max(EOID) = 1024368.