『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=196861)

EID=196861EID:196861, Map:[2009/光機能材料·光デバイス特別講義1], LastModified:2009年11月25日(水) 14:00:39, Operator:[水本 匡昭], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[[教務委員会委員]/[徳島大学.工学部.光応用工学科]], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 工学部•昼間 (授業概要) [継承]
入学年度 (必須): 西暦 2010年 (平成 22年) [継承]
名称 (必須): (英) Special Lectures on Optical Materials and Devices 1 (日) 光機能材料·光デバイス特別講義1 (読) ひかりきのうざいりょう ひかりでばいすとくべつこうぎ
[継承]
コース (必須): 1.2010/[徳島大学.工学部.光応用工学科]/[昼間コース] [継承]
担当教員 (必須): 1.原口 雅宣 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.光応用系.光機能材料分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.情報光システムコース.光機能材料講座]/[徳島大学.ポストLEDフォトニクス研究所])
肩書 (任意):
[継承]
単位 (必須): 1 [継承]
目的 (必須): (英)   (日) 現在,何が光物性·光デバイスについて話題になっているのか,そしてなぜ話題になっているかについての講義を通じて,(1)物性的な理解をするとともに,(2)光物性や光デバイスのおもしろさ感じる,(3)研究·開発に対するモチベーションを高める,ところに本講義の目的がある.   [継承]
概要 (必須): (英)   (日) 集中講義形式で講義する.実際に研究·開発を行っている最新の光物性·光デバイスに関するトピックスおよびその将来展望を講義する.   [継承]
キーワード (推奨): 1. (英) (日) 光物性 (読) ひかりぶっせい [継承]
2. (英) (日) 光デバイス (読) ひかりでばいす [継承]
先行科目 (推奨): 1.波動光学 ([2010/[徳島大学.工学部.光応用工学科]/[昼間コース]]/->授業概要[2009/波動光学])
必要度 (任意):
[継承]
2.量子力学 ([2010/[徳島大学.工学部.光応用工学科]/[昼間コース]]/->授業概要[2009/量子力学])
必要度 (任意):
[継承]
3.光·電子物性工学1 ([2010/[徳島大学.工学部.光応用工学科]/[昼間コース]]/->授業概要[2009/光·電子物性工学1])
必要度 (任意):
[継承]
4.光·電子物性工学2 ([2010/[徳島大学.工学部.光応用工学科]/[昼間コース]]/->授業概要[2009/光·電子物性工学2])
必要度 (任意):
[継承]
5.光デバイス1 ([2010/[徳島大学.工学部.光応用工学科]/[昼間コース]]/->授業概要[2009/光デバイス1])
必要度 (任意):
[継承]
関連科目 (推奨):
要件 (任意): (英)   (日) 波動光学と量子力学について初歩的な理解があること.   [継承]
注意 (任意): (英)   (日) .   [継承]
目標 (必須): 1.(英)   (日) 本講義にて取り上げた現在話題になっている光物性や光デバイスについて,それらの物理現象の本質は何か,そしてなぜ話題になっているかを簡単に説明できる.また,それらの将来展望について自分なりの意見を述べることができる.  
[継承]
計画 (必須): 1.(英)   (日) .  
[継承]
評価 (必須): (英)   (日) 講義への取り組み状況,レポートにより評価を行う. 評価のウエイトの目安は,講義への取り組み状況30%,レポート70%である. 総合評価の60%以上が合格である.   [継承]
JABEE合格 (任意): (英)   (日) 単位合格をもってJABEE合格とする.   [継承]
JABEE関連 (任意): (英)   (日) 光応用工学科の学習目標 Bに該当する.   [継承]
対象学生 (任意):
教科書 (必須): 1.(英)   (日) 配付プリント等の資料による.配付物がない場合もありうる.   [継承]
参考資料 (推奨):
URL (任意):
連絡先 (推奨): 1. (英) (日) TEL:088-656-9411,E-mail: haraguti@opt.tokushima-u.ac.jp (読)
オフィスアワー (任意):
[継承]
科目コード (推奨):
備考 (任意):

●この色で表示されている項目はマップによって参照された内容です.

マップを行っている情報の編集について

マップによって参照している箇所を修正する場合には,次のようにしてください.
  • マップ先の記述とこの情報の記述を同時に修正する場合.
    →マップ先の情報(
        →閲覧 【授業概要】(2009/光機能材料·光デバイス特別講義1)
            →閲覧 【授業概要】(2008/光機能材料·光デバイス特別講義1)
                →閲覧 【授業概要】(2007/光機能材料·光デバイス特別講義1)
                    →閲覧 【授業概要】(2006/光機能材料·光デバイス特別講義1)
    )で編集を行なってください.
  • マップ先の記述は変更せずこの情報のみを変更する場合.
    →この頁で編集を行なってください.
    [注意] 編集画面では,マップによる参照によって得た内容は表示されません.
    [注意] 参照は同じ名前の項目がある場合に行なわれます.
    [注意] 項目を無記入にすると参照が行なわれ,それ以外には参照が行なわれません.(項目単位)

この情報を取り巻くマップ

閲覧 【授業概要】(2009/光機能材料·光デバイス特別講義1) 閲覧 【授業概要】(2010/光機能材料·光デバイス特別講義1) 閲覧 【授業概要】(2011/光機能材料·光デバイス特別講義1)

標準的な表示

和文冊子 ● 光機能材料·光デバイス特別講義1 / Special Lectures on Optical Materials and Devices 1
欧文冊子 ● Special Lectures on Optical Materials and Devices 1 / 光機能材料·光デバイス特別講義1

関連情報

この情報を参照している情報

閲覧【教育プログラム】…(2)

この情報をマップしている情報

閲覧【授業概要】…(1)
Number of session users = 0, LA = 1.27, Max(EID) = 382693, Max(EOID) = 1022068.