『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=19671)

EID=19671EID:19671, Map:0, LastModified:2005年2月5日(土) 17:33:46, Operator:[松木 均], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[松木 均], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 学術論文 (審査論文) [継承]
言語 (必須):
招待 (推奨):
審査 (推奨):
カテゴリ (推奨):
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨): 1.徳島大学.工学部.生物工学科.生物機能工学講座 [継承]
著者 (必須): 1.松木 均 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.生物資源産業学域.応用生命系.応用生物資源学分野]/[徳島大学.生物資源産業学部.生物資源産業学科.応用生命講座])
役割 (任意): (英)   (日) 記述,考察   [継承]
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2. (英) Maruyama Shoji (日) (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
3.金品 昌志
役割 (任意): (英)   (日) 計画,解析,考察   [継承]
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英) Effect of Pressure on the Colloidal Solution Behavior of Aqueous Local Anesthetic Tetracaine Solutions  (日)    [継承]
副題 (任意):
要約 (任意): (英)   (日) 局所麻酔薬テトラカイン塩酸塩とその臭化水素酸塩の水溶液中における溶解挙動に対する圧力効果を光透過率法により調べた.測定結果の温度-圧力図にClapeyron-Clausiusの式を適用して,これらの麻酔薬の水和結晶(コアゲル相)からミセル溶液への相転移に伴う体積変化を決定した.水中での会合体形成の体積変化から,これら麻酔薬は体積的な観点から直鎖の陽イオン性界面活性剤の挙動に類似していることを結論づけた.   [継承]
キーワード (推奨):
発行所 (推奨): Elsevier (->組織[Elsevier Science]) [継承]
誌名 (必須): (英) Colloids and Surfaces A: Physicochemical and Engineering Aspects (日) (読)
ISSN (任意):
[継承]
(必須): 97 [継承]
(必須): 1 [継承]
(必須): 21 26 [継承]
都市 (任意):
年月日 (必須): 西暦 1995年 3月 1日 (平成 7年 3月 1日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意):
PMID (任意):
NAID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● Hitoshi Matsuki, Shoji Maruyama and Shoji Kaneshina : Effect of Pressure on the Colloidal Solution Behavior of Aqueous Local Anesthetic Tetracaine Solutions, Colloids and Surfaces A: Physicochemical and Engineering Aspects, Vol.97, No.1, 21-26, 1995.
欧文冊子 ● Hitoshi Matsuki, Shoji Maruyama and Shoji Kaneshina : Effect of Pressure on the Colloidal Solution Behavior of Aqueous Local Anesthetic Tetracaine Solutions, Colloids and Surfaces A: Physicochemical and Engineering Aspects, Vol.97, No.1, 21-26, 1995.

関連情報

Number of session users = 1, LA = 1.50, Max(EID) = 372553, Max(EOID) = 996419.