『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=19661)

EID=19661EID:19661, Map:0, LastModified:2007年8月29日(水) 10:14:09, Operator:[松木 均], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[松木 均], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 国際会議 [継承]
言語 (必須):
招待 (推奨):
審査 (推奨):
カテゴリ (推奨):
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨): 1.徳島大学.工学部.生物工学科.生物機能工学講座 [継承]
著者 (必須): 1.金品 昌志
役割 (任意): (英)   (日) 記述,計画,解析,考察   [継承]
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2.松木 均 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.生物資源産業学域.応用生命系.応用生物資源学分野]/[徳島大学.生物資源産業学部.生物資源産業学科.応用生命講座])
役割 (任意): (英)   (日) 計画,考察   [継承]
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
3. (英) Ichikawa Ryoichi (日) 市川 亮一 (読) いちかわ りょういち
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
4. (英) Kuwahara Toshiharu (日) 桑原 俊治 (読) くわはら としはる
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英) Thermotropic Phase Behavior of Binary Cationic Surfactant Mixtures in Water  (日)    [継承]
副題 (任意):
要約 (任意): (英)   (日) 4つの2成分陽イオン性界面活性剤混合系(1つの界面活性剤-界面活性剤混合系および3つの界面活性剤-局所麻酔薬混合系)の相挙動を示差走査熱量計によって調べた.全ての系においてコアゲル(水和結晶)相からミセル溶液の転移温度はある温度において極小となり,共融混合物の挙動を示した.局所麻酔薬を含む系においてはミセル溶液中では完全混合したが,他方,コアゲル相中では完全非混合であった.界面活性剤混合系においてはコアゲル相において固溶体のような部分的に混和する領域を有する相図が得られた.   [継承]
キーワード (推奨):
発行所 (推奨): Elsevier Science [継承]
誌名 (必須): (英) Studies in Surface Science and Catalysis (日) (読)
ISSN (任意):
[継承]
(必須): 132 [継承]
(必須):
(必須): 45 48 [継承]
都市 (必須): 東京 (Tokyo/[日本国]) [継承]
年月日 (必須): 西暦 2001年 3月 1日 (平成 13年 3月 1日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意):
PMID (任意):
NAID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● Shoji Kaneshina, Hitoshi Matsuki, Ryoichi Ichikawa and Toshiharu Kuwahara : Thermotropic Phase Behavior of Binary Cationic Surfactant Mixtures in Water, Studies in Surface Science and Catalysis, Vol.132, (号), 45-48, Tokyo, March 2001.
欧文冊子 ● Shoji Kaneshina, Hitoshi Matsuki, Ryoichi Ichikawa and Toshiharu Kuwahara : Thermotropic Phase Behavior of Binary Cationic Surfactant Mixtures in Water, Studies in Surface Science and Catalysis, Vol.132, (号), 45-48, Tokyo, March 2001.

関連情報

Number of session users = 0, LA = 1.55, Max(EID) = 372577, Max(EOID) = 996785.