『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=196564)

EID=196564EID:196564, Map:[2009/情報処理], LastModified:2010年1月18日(月) 12:43:37, Operator:[田村 隆雄], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[[教務委員会委員]/[徳島大学.工学部.建設工学科]], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 工学部•昼間 (授業概要) [継承]
入学年度 (必須): 西暦 2010年 (平成 22年) [継承]
名称 (必須): (英) Data Processing (日) 情報処理 (読) じょうほうしょり
[継承]
形態 (不用): 1.講義および演習 [継承]
コース (必須): 1.2010/[徳島大学.工学部.建設工学科]/[昼間コース] [継承]
担当教員 (必須): 1.蒋 景彩 ([徳島大学.環境防災研究センター.防災研究部門]/[徳島大学.理工学部.理工学科.社会基盤デザインコース.防災科学講座])
肩書 (任意):
[継承]
2.田村 隆雄 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.社会基盤デザイン系.防災科学分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.社会基盤デザインコース.防災科学講座])
肩書 (任意):
[継承]
単位 (必須): 2 [継承]
目的 (必須): (英)   (日) パソコンによる科学技術計算への入門として,データの入出力や簡単な数値計算プログラムの意味が理解できること,さらに例題を参考にしながら応用プログラムが作成できることを目指す.   [継承]
概要 (必須): (英)   (日) 建設工学のあらゆる分野においてパソコンは重要な役割を果たしている.またこれまで大型電子計算機のみで行われてきた大規模な科学技術計算の多くがパソコンで手軽に行えるようになってきた.パソコンによる科学技術計算への入門として,FORTRAN プログラミングについての演習を行う.本講義では,その日に学習するプログラミングの要点と例題が説明された後,数題の簡単な課題が出され,受講者1 人1 人が実際にプログラミング演習を行うことにより進められる.   [継承]
キーワード (推奨): 1.フォートラン (FORTRAN) [継承]
2.プログラミング (programming) [継承]
先行科目 (推奨): 1.情報科学/情報科学入門 ([2005/[徳島大学]/基盤形成科目群/[共通教育]])
必要度 (任意): 0.500000 [継承]
[継承]
関連科目 (推奨): 1.プログラミング技法及び演習 ([2010/[徳島大学.工学部.建設工学科]/[昼間コース]]/->授業概要[2009/プログラミング技法及び演習])
関連度 (任意): 0.500000 [継承]
[継承]
要件 (任意): (英)   (日) なし   [継承]
注意 (任意): (英)   (日) 予習・復習を行うこと.演習課題の提出をもって出席とする.   [継承]
目標 (必須): 1.(英)   (日) FORTRAN プログラムの実行内容が理解できる.  
[継承]
2.(英)   (日) 例題を参考に応用プログラムが作成できる.  
[継承]
計画 (必須): 1.(英)   (日) FORTRANのためのX-window利用法 p.2-p.5  
[継承]
2.(英)   (日) 数値読みこみ,式の計算,出力 p.6-p.13  
[継承]
3.(英)   (日) 判断と飛越し p.15-p.28  
[継承]
4.(英)   (日) 繰返し計算 p.42-p.52  
[継承]
5.(英)   (日) 書式の指定 p.30-p.36  
[継承]
6.(英)   (日) 配列 p.54-p.78  
[継承]
7.(英)   (日) プログラミング記述試験1  
[継承]
8.(英)   (日) プログラミング実技試験1  
[継承]
9.(英)   (日) 文関数と組込み関数 p.80-p.93  
[継承]
10.(英)   (日) 関数副プログラム p.96-p.107  
[継承]
11.(英)   (日) 引数を持つサブルーチン副プログラム p.110-p.123  
[継承]
12.(英)   (日) 引数を持たないサブルーチン副プログラム p.126-p.138  
[継承]
13.(英)   (日) 文字処理 p.140-p.146  
[継承]
14.(英)   (日) ファイル p.148-p.161  
[継承]
15.(英)   (日) プログラミング記述試験2  
[継承]
16.(英)   (日) プログラミング実技試験2  
[継承]
評価 (必須): (英)   (日) 到達目標1の達成度を,プログラミング記述試験1と2の割合を1:1として算出される評点により評価し,評点≧60%を当目標のクリア条件とする.到達目標2の達成度を,プログラミング実技試験1と2の割合を1:1として算出される評点により評価し,評点≧60%を当目標のクリア条件とする.すべての到達目標をクリアした場合を合格とし,成績は,到達目標1と2の評点の重みをそれぞれ50%として算出する.   [継承]
JABEE合格 (任意): (英)   (日) 【成績評価】と同一である.   [継承]
JABEE関連 (任意): (英)   (日) 本科目は本学科の教育目標の3(1)に,100%対応する.   [継承]
対象学生 (任意): 開講コース学生のみ履修可能 [継承]
教科書 (必須): 1.(英)   (日) FORTRAN77入門-改訂版-,浦 昭二編,培風館   [継承]
参考資料 (推奨): 1.(英)   (日) 特になし   [継承]
URL (任意): http://www.ce.tokushima-u.ac.jp/lectures/D0006 [継承]
連絡先 (推奨): 1.蒋 景彩 ([徳島大学.環境防災研究センター.防災研究部門]/[徳島大学.理工学部.理工学科.社会基盤デザインコース.防災科学講座])
オフィスアワー (任意):
[継承]
2.田村 隆雄 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.社会基盤デザイン系.防災科学分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.社会基盤デザインコース.防災科学講座])
オフィスアワー (任意):
[継承]
科目コード (推奨):
備考 (任意): 1.(英)   (日) .   [継承]

●この色で表示されている項目はマップによって参照された内容です.

マップを行っている情報の編集について

マップによって参照している箇所を修正する場合には,次のようにしてください.
  • マップ先の記述とこの情報の記述を同時に修正する場合.
    →マップ先の情報(
        →閲覧 【授業概要】(2009/情報処理)
            →閲覧 【授業概要】(2008/情報処理)
                →閲覧 【授業概要】(2007/情報処理)
                    →閲覧 【授業概要】(2006/情報処理)
    )で編集を行なってください.
  • マップ先の記述は変更せずこの情報のみを変更する場合.
    →この頁で編集を行なってください.
    [注意] 編集画面では,マップによる参照によって得た内容は表示されません.
    [注意] 参照は同じ名前の項目がある場合に行なわれます.
    [注意] 項目を無記入にすると参照が行なわれ,それ以外には参照が行なわれません.(項目単位)

この情報を取り巻くマップ

閲覧 【授業概要】(2009/情報処理) 閲覧 【授業概要】(2010/情報処理) 閲覧 【授業概要】(2011/情報処理)

標準的な表示

和文冊子 ● 情報処理 / Data Processing
欧文冊子 ● Data Processing / 情報処理

関連情報

この情報を参照している情報

閲覧【教育プログラム】…(2) 閲覧【授業概要】…(4)

この情報をマップしている情報

閲覧【授業概要】…(1)
Number of session users = 0, LA = 0.54, Max(EID) = 368216, Max(EOID) = 985511.