『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=196441)

EID=196441EID:196441, Map:[2010/工業英語], LastModified:2010年4月23日(金) 14:41:12, Operator:[西口 純代], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[[教務委員会委員]/[徳島大学.工学部.知能情報工学科]], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 工学部•夜間主 (授業概要) [継承]
入学年度 (必須): 西暦 2010年 (平成 22年) [継承]
名称 (必須): (英) Communication using Technical English (日) 工業英語 (読) こうぎょうえいご
[継承]
コース (必須): 1.2010/[徳島大学.工学部.知能情報工学科]/[夜間主コース] [継承]
担当教員 (必須): 1.西口 純代
肩書 (任意):
[継承]
2.コインカー パンカジ ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.光応用系.光機能材料分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.情報光システムコース.光機能材料講座]/[徳島大学.大学院理工学研究部]/[徳島大学.工学部.光応用工学科.光機能材料講座]/[徳島大学.先端技術科学教育部.システム創生工学専攻.光システム工学コース.光機能材料工学講座])
肩書 (任意):
[継承]
単位 (必須): 2 [継承]
目的 (必須): (英) To improve students' ability to write and speak on technical subjects using English.  (日)    [継承]
概要 (必須): (英) This is a language course designed for engineering students. It's aim is to increase students' confidence communicating in English. The focus will be on practicing simple technical language that is commonly used in science and engineering. Vocabulary and communication techniques are introduced and explored through the use of real-life science topics. This is a practical course, which requires a high degree of student participation.  (日)    [継承]
キーワード (推奨): 1. (英) reading (日) (読) [継承]
2. (英) Writing (日) (読) [継承]
3. (英) Speaking (日) (読) [継承]
4. (英) Listening (日) (読) [継承]
先行科目 (推奨):
関連科目 (推奨):
要件 (任意): (英) None  (日)    [継承]
注意 (任意): (英) None  (日)    [継承]
目標 (必須): 1.(英) The goal of this course is to increase the students' technical English vocabulary and confidence communicating in English. By the end of the course students should be able to give an oral presentation and written summary of a technical topic in English.  (日)   
[継承]
計画 (必須): 1.(英) Course outline and self-introductions  (日)   
[継承]
2.(英) Language for spatial description  (日)   
[継承]
3.(英) Basic numbers in science  (日)   
[継承]
4.(英) Body language and presentation practice  (日)   
[継承]
5.(英) Scientific units of measurement  (日)   
[継承]
6.(英) Description and cause-and-effect  (日)   
[継承]
7.(英) Compare and contrast  (日)   
[継承]
8.(英) Presentation techniques, and practice  (日)   
[継承]
9.(英) More presentation practice  (日)   
[継承]
10.(英) Definition and description  (日)   
[継承]
11.(英) Structure, organization, explanation  (日)   
[継承]
12.(英) Visual aids and science  (日)   
[継承]
13.(英) Final presentations: assessment  (日)   
[継承]
14.(英) Final presentations: assessment  (日)   
[継承]
15.(英) Final presentations: assessment  (日)   
[継承]
評価 (必須): (英) Grades will be determined by two assessments: an oral presentation (40%) and a written essay (60%) on a technical topic.  (日)    [継承]
対象学生 (任意): 開講コース学生のみ履修可能 [継承]
教科書 (必須): 1.(英) None, but an English-Japanese dictionary is suggested.  (日)    [継承]
参考資料 (推奨): 1.(英) Presenting Science (1st and 2nd editions), MacMillan Languagehouse.  (日)    [継承]
URL (任意): http://homepage3.nifty.com/sumiyo_nishiguchi/ [継承]
連絡先 (推奨): 1.西口 純代
オフィスアワー (任意): (英) Tuesdays 12pm-1pm  (日) 火曜日 12:00pm-1:00pm   [継承]
[継承]
科目コード (推奨):
備考 (任意): 1.(英)   (日) An English-Japanese dictionary is also recommended.   [継承]

●この色で表示されている項目はマップによって参照された内容です.

マップを行っている情報の編集について

マップによって参照している箇所を修正する場合には,次のようにしてください.
  • マップ先の記述とこの情報の記述を同時に修正する場合.
    →マップ先の情報(
        →閲覧 【授業概要】(2010/工業英語)
            →閲覧 【授業概要】(2009/工業英語)
                →閲覧 【授業概要】(2008/工業英語)
                    →閲覧 【授業概要】(2007/工業英語)
                        →閲覧 【授業概要】(2006/工業英語)
    )で編集を行なってください.
  • マップ先の記述は変更せずこの情報のみを変更する場合.
    →この頁で編集を行なってください.
    [注意] 編集画面では,マップによる参照によって得た内容は表示されません.
    [注意] 参照は同じ名前の項目がある場合に行なわれます.
    [注意] 項目を無記入にすると参照が行なわれ,それ以外には参照が行なわれません.(項目単位)

この情報を取り巻くマップ

閲覧 【授業概要】(2010/工業英語) 閲覧 【授業概要】(2010/工業英語)   ←(なし)
閲覧 【授業概要】(2011/工業英語)
閲覧 【授業概要】(2010/工業英語)
閲覧 【授業概要】(2010/工業英語)
閲覧 【授業概要】(2010/工業英語)
閲覧 【授業概要】(2010/工業英語)
閲覧 【授業概要】(2010/工業英語2)

標準的な表示

和文冊子 ● 工業英語 / Communication using Technical English
欧文冊子 ● Communication using Technical English / 工業英語

関連情報

この情報を参照している情報

閲覧【教育プログラム】…(1) 閲覧【担当授業】…(1)
Number of session users = 0, LA = 0.44, Max(EID) = 375612, Max(EOID) = 1006450.