『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=196052)

EID=196052EID:196052, Map:0, LastModified:2014年11月12日(水) 12:52:04, Operator:[北 研二], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[北 研二], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 国際会議 [継承]
言語 (必須): 英語 [継承]
招待 (推奨):
審査 (推奨):
カテゴリ (推奨):
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨):
著者 (必須): 1. (英) Zhang Le (日) (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2. (英) Zuyun Zhao (日) (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
3. (英) Xin Luo (日) (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
4. (英) Peifeng Zeng (日) (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
5.北 研二 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.知能情報系.情報工学分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.情報光システムコース.情報工学講座])
役割 (任意): (英)   (日) 共同研究者として,研究の助言を行った.   [継承]
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英) A Research of Distance Transform based Peeling Algorithm for Overlapped Fibers Separation  (日) 剥離アルゴリズムに基づく距離変換を用いた重なり繊維の分離   [継承]
副題 (任意):
要約 (任意): (英) Overlapped fiber separation is one of main procedures in cross-sectional fiber analysis. In the proposed distance transform based peeling algorithm, a separation point is determined by removing points with the least distance. The overlapped fibers in cross-section are separated by the separation point. Experiments show that the proposed algorithm precisely separates overlapped fibers of various shapes.  (日) 繊維の横断面解析において,重なった繊維の分離は重要な課題である.ここでは,距離変換に基づいた剥離アルゴリズムを提案する.提案したアルゴリズムにより,さまざまな形状の重なった繊維を正確に分離できることを示した.   [継承]
キーワード (推奨):
発行所 (推奨):
誌名 (必須): (英) International Conference on Computational Intelligence and Software Engineering (日) (読)
ISSN (任意):
[継承]
(必須):
(必須):
(必須):
都市 (必須):
年月日 (必須): 西暦 2009年 12月 初日 (平成 21年 12月 初日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意):
PMID (任意):
NAID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● Le Zhang, Zhao Zuyun, Luo Xin, Zeng Peifeng and Kenji Kita : A Research of Distance Transform based Peeling Algorithm for Overlapped Fibers Separation, International Conference on Computational Intelligence and Software Engineering, (巻), (号), (頁), (都市), Dec. 2009.
欧文冊子 ● Le Zhang, Zhao Zuyun, Luo Xin, Zeng Peifeng and Kenji Kita : A Research of Distance Transform based Peeling Algorithm for Overlapped Fibers Separation, International Conference on Computational Intelligence and Software Engineering, (巻), (号), (頁), (都市), Dec. 2009.

関連情報

Number of session users = 3, LA = 0.39, Max(EID) = 376364, Max(EOID) = 1008079.