『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=195036)

EID=195036EID:195036, Map:0, LastModified:2013年6月2日(日) 18:19:25, Operator:[大家 隆弘], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[河村 保彦], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 学術論文 (審査論文) [継承]
言語 (必須): 日本語 [継承]
招待 (推奨):
審査 (推奨): Peer Review [継承]
カテゴリ (推奨): 研究 [継承]
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨): 1.物質変換化学 (2006年4月1日〜2016年3月31日) [継承]
著者 (必須): 1.津嘉山 正夫
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2. (英) Ichikawa Ryoichi (日) 市川 亮一 (読) いちかわ りょういち
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
3. (英) Yamamoto Kanji (日) 山本 幹二 (読) やまもと かんじ
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
4. (英) Sasaki Takahiro (日) 佐々木 貴啓 (読) ささき たかひろ
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
5.河村 保彦 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.応用化学系.物質合成化学分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.応用化学システムコース.物質合成化学講座])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英)   (日) マイクロ波照射による柑橘ユコウ乾燥果皮からのポリメトキシフラボンの迅速・効率的抽出   [継承]
副題 (任意):
要約 (任意): (英) This study presents for the first time a microwave-assisted method used to extract useful components from dried peels of <I>Citrus yuko</I> Hort. Polymethoxyflavones were extracted from dried peels of <I>C. yuko</I> for 2.5 to 5min under reflux with stirring in methanol. Tangeretin (4 ,5,6,7,8-pentamethoxyflavone) and nobiletin (3 ,4 ,5,6,7,8-hexamethoxyflavone) were isolated in 0.12% and 0.10% (w/w) yields, respectively. Hesperidin, which has been isolated previously from peels of <I>C. yuko</I>, was also isolated in this study and hydrolyzed to give hesperetin. The structures of these polymethoxyflavones were confirmed on the basis of spectroscopic, elemental and HPLC analyses. The microwave-assisted extraction is a more rapid and efficient method than conventional thermal heating extraction.  (日) マイクロ波照射によるメタノール中ユコウ搾汁乾燥果皮から生理活性機能性物質タンゲレチンとノビレチンが迅速・効率よく分離され,ヘスペリジン以外にこれら2種の化合物の存在が始めて明らかにされた.マイクロ波の2.5∼5分間の照射によるユコウ乾燥果皮中のポリメトキシフラボンの抽出は,通常加熱抽出法に比べて極めて短い時間で効率よく分離され優れていることが分かった.これらの結果からマイクロ波抽出法は,柑橘類搾汁残渣(果皮)からの有用成分の効率的抽出法として応用できる可能性があり,再利用に有効であることを示唆している.   [継承]
キーワード (推奨): 1. (英) Microwave (日) マイクロ波 (読) まいくろは [継承]
2. (英) Citrus Yukou (日) ユコウ (読) ゆこう [継承]
3. (英) Polymethoxyflavones (日) ポリメトキシフラボン (読) ぽりめときしふらぼん [継承]
4. (英) Extraction (日) 抽出 (読) ちゅうしゅつ [継承]
発行所 (推奨): (英) (日) 日本食品科学工学会 (読) にほんしょくひんかがくこうがっかい [継承]
誌名 (必須): 日本食品科学工学会誌 (社団法人 日本食品科学工学会)
(pISSN: 1341-027X, eISSN: 1881-6681)

ISSN (任意): 1341-027X
ISSN: 1341-027X (pISSN: 1341-027X, eISSN: 1881-6681)
Title: 日本食品科学工学会誌
Supplier: 社団法人 日本食品科学工学会
Publisher: Japanese Society for Food and Technology
 (医中誌Web  (J-STAGE  (Scopus  (CrossRef (Scopus information is found. [need login])
[継承]
[継承]
(必須): 56 [継承]
(必須): 6 [継承]
(必須): 359 362 [継承]
都市 (任意):
年月日 (必須): 西暦 2009年 6月 15日 (平成 21年 6月 15日) [継承]
URL (任意): http://ci.nii.ac.jp/naid/10024855752/ [継承]
DOI (任意): 10.3136/nskkk.56.359    (→Scopusで検索) [継承]
PMID (任意):
NAID (任意): 10024855752 [継承]
WOS (任意): 000267238200009 [継承]
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● 津嘉山 正夫, 市川 亮一, 山本 幹二, 佐々木 貴啓, 河村 保彦 : マイクロ波照射による柑橘ユコウ乾燥果皮からのポリメトキシフラボンの迅速・効率的抽出, 日本食品科学工学会誌, Vol.56, No.6, 359-362, 2009年.
欧文冊子 ● Masao Tsukayama, Ryoichi Ichikawa, Kanji Yamamoto, Takahiro Sasaki and Yasuhiko Kawamura : マイクロ波照射による柑橘ユコウ乾燥果皮からのポリメトキシフラボンの迅速・効率的抽出, Nippon Shokuhin Kagaku Kogaku Kaishi, Vol.56, No.6, 359-362, 2009.

関連情報

Number of session users = 7, LA = 0.69, Max(EID) = 363183, Max(EOID) = 972103.