『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=193465)

EID=193465EID:193465, Map:0, LastModified:2014年11月21日(金) 15:07:36, Operator:[福見 稔], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[カルンガル スティフィン], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 学術論文 (審査論文) [継承]
言語 (必須): 英語 [継承]
招待 (推奨):
審査 (推奨): Peer Review [継承]
カテゴリ (推奨):
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨): 1.情報システム工学 (2006年4月1日〜2016年3月31日) [継承]
著者 (必須): 1.明石 卓也 ([岩手大学])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2. (英) Wakasa Yuji (日) (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
3. (英) Tanaka Kanya (日) (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
4.カルンガル スティフィン ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.知能情報系.知能工学分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.情報光システムコース.知能工学講座])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
5.福見 稔 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.知能情報系.知能工学分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.情報光システムコース.知能工学講座])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英) Interactive Interface with Evolutionary Eye Sensing and Physiological Knowledge  (日) 進化的な眼のセンシングと生理学的知識による対話的インタフェース   [継承]
副題 (任意):
要約 (任意): (英) The purpose of this study is to develop an interactive interface using eye movement to operate a welfare apparatus, such as a feeding device for an orthopedically-impaired person. A part of the purpose is to eliminate special calibration and re-calibration during the operation. Originalities of this proposed system are as follows: eye sensing with evolutionary processing and interactive operation screen based on some physiological knowledge. The proposed system uses a non-contact type interface by the eye movement. An iris is tracked and eye movement is measured by the evolutionary eye sensing (EES) method. An operation screen is divided into 9 areas, which has visual stimulation using the physiological knowledge. A user can select these areas by eye movement and decide by eye fixation. The effectiveness of the proposed system is evaluated by comparison experiments with 20 subjects. The results indicate that the proposed system is easy to use for first-timer, who can become proficient in operation just after a few exercises.  (日) 本論文の目的は,肢体不自由者のために,食事装置のような福祉機器を眼の動作で動かす対話的インタフェースを開発することである.特に,本手法は進化的手法を用いて眼(虹彩)の動作(9個のエリアへの分離)を追跡し,生理学的知識を用いてさらに改善している.提案手法は非接触であり,特別なキャリブレーションを必要としない利点がある.本手法の有効性を検証するために,20名の被験者に対して実験を行い,ほとんど訓練がない状態でも高精度に眼の動作を検出できることが判った.   [継承]
キーワード (推奨): 1.コンピュータビジョン (computer vision) [継承]
2. (英) Welfare Apparatus System (日) (読) [継承]
3.ヒューマンインタフェース (human interface) [継承]
4. (英) Evolutionary Video Processing (日) (読) [継承]
発行所 (推奨): 電気学会 [継承]
誌名 (必須): 電気学会論文誌C (電子,情報,システム部門誌) ([電気学会])
(pISSN: 0385-4221, eISSN: 1348-8155)

ISSN (任意): 0385-4221
ISSN: 0385-4221 (pISSN: 0385-4221, eISSN: 1348-8155)
Title: 電気学会論文誌. C
Supplier: 一般社団法人 電気学会
Publisher: The Institute of Electrical Engineers of Japan
 (J-STAGE  (J-STAGE  (CrossRef (Scopus information is found. [need login])
[継承]
[継承]
(必須): 129-C [継承]
(必須): 7 [継承]
(必須): 1288 1295 [継承]
都市 (任意):
年月日 (必須): 西暦 2009年 7月 1日 (平成 21年 7月 1日) [継承]
URL (任意): http://ci.nii.ac.jp/naid/10025101222/ [継承]
DOI (任意): 10.1541/ieejeiss.129.1288    (→Scopusで検索) [継承]
PMID (任意):
NAID (任意): 10025101222 [継承]
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● Takuya Akashi, Yuji Wakasa, Kanya Tanaka, Stephen Githinji Karungaru and Minoru Fukumi : Interactive Interface with Evolutionary Eye Sensing and Physiological Knowledge, IEEJ Transactions on Electronics, Information and Systems, Vol.129-C, No.7, 1288-1295, 2009.
欧文冊子 ● Takuya Akashi, Yuji Wakasa, Kanya Tanaka, Stephen Githinji Karungaru and Minoru Fukumi : Interactive Interface with Evolutionary Eye Sensing and Physiological Knowledge, IEEJ Transactions on Electronics, Information and Systems, Vol.129-C, No.7, 1288-1295, 2009.

関連情報

Number of session users = 1, LA = 0.58, Max(EID) = 371884, Max(EOID) = 994238.