『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=191413)

EID=191413EID:191413, Map:0, LastModified:2017年12月20日(水) 14:19:44, Operator:[三木 ちひろ], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[[学科長]/[徳島大学.総合科学部.社会創生学科]], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 国内講演発表 [継承]
言語 (必須): 日本語 [継承]
招待 (推奨):
審査 (推奨):
カテゴリ (推奨): 研究 [継承]
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨): 学士課程学生による研究報告 [継承]
組織 (推奨): 1.徳島大学.総合科学部.自然システム学科.物質科学講座 (〜2009年3月31日) [継承]
著者 (必須): 1. (英) (日) 本多 勇太 (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2.山本 裕史
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
3. (英) (日) 中村 雄大 (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
4. (英) (日) 森口 茂美 (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
5.関澤 純
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英)   (日) 様々な極性や官能基を有する微量汚染化学物質の土壌や底質への収着メカニズムの実験的検討   [継承]
副題 (任意):
要約 (任意):
キーワード (推奨):
発行所 (推奨):
誌名 (必須): (英) (日) 第43回日本水環境学会年会 (読)
ISSN (任意):
[継承]
(必須): [継承]
(必須): [継承]
(必須): [継承]
都市 (必須): 山口 (Yamaguchi/[日本国]) [継承]
年月日 (必須): 西暦 2009年 3月 16日 (平成 21年 3月 16日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意):
PMID (任意):
NAID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● 本多 勇太, 山本 裕史, 中村 雄大, 森口 茂美, 関澤 純 : 様々な極性や官能基を有する微量汚染化学物質の土壌や底質への収着メカニズムの実験的検討, 第43回日本水環境学会年会, 2009年3月.
欧文冊子 ● 本多 勇太, Hiroshi Yamamoto, 中村 雄大, 森口 茂美 and Jun Sekizawa : 様々な極性や官能基を有する微量汚染化学物質の土壌や底質への収着メカニズムの実験的検討, 第43回日本水環境学会年会, March 2009.

関連情報

Number of session users = 2, LA = 0.37, Max(EID) = 383373, Max(EOID) = 1024726.