『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=190376)

EID=190376EID:190376, Map:0, LastModified:2009年5月13日(水) 11:01:27, Operator:[千田 淳司], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[千田 淳司], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 国内講演発表 [継承]
言語 (必須): 日本語 [継承]
招待 (推奨):
審査 (推奨):
カテゴリ (推奨):
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨):
著者 (必須): 1.千田 淳司 ([徳島大学.先端酵素学研究所.基幹研究部門])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2. (英) Sadiqur R Talukder (日) (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
3.奥村 裕司
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
4.木戸 博 ([徳島大学.先端酵素学研究所.重点研究部門])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英)   (日) インフルエンザ感染後に発現誘導されるトリプシン遺伝子群の転写制御ネットワーク   [継承]
副題 (任意):
要約 (任意):
キーワード (推奨): 1.インフルエンザ脳症 (influenza-associated encephalopathy) [継承]
2.炎症性サイトカイン受容体の情報伝達 (Signal transduction of proinflammatory cytokine receptors) [継承]
発行所 (推奨):
誌名 (必須): (英) (日) 第13回 病態と治療におけるプロテアーゼとインヒビター学会 (読)
ISSN (任意):
[継承]
(必須):
(必須):
(必須):
都市 (必須): 大阪 (Osaka/[日本国]) [継承]
年月日 (必須): 西暦 2008年 8月 初日 (平成 20年 8月 初日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意):
PMID (任意):
CRID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● 千田 淳司, Talukder R Sadiqur, 奥村 裕司, 木戸 博 : インフルエンザ感染後に発現誘導されるトリプシン遺伝子群の転写制御ネットワーク, 第13回 病態と治療におけるプロテアーゼとインヒビター学会, (巻), (号), (頁), 2008年8月.
欧文冊子 ● Junji Chida, Talukder R Sadiqur, Yuushi Okumura and Hiroshi Kido : インフルエンザ感染後に発現誘導されるトリプシン遺伝子群の転写制御ネットワーク, 第13回 病態と治療におけるプロテアーゼとインヒビター学会, (巻), (号), (頁), Aug. 2008.

関連情報

Number of session users = 4, LA = 0.36, Max(EID) = 393818, Max(EOID) = 1066532.