『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=190375)

EID=190375EID:190375, Map:0, LastModified:2009年5月13日(水) 10:56:38, Operator:[千田 淳司], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[千田 淳司], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 国内講演発表 [継承]
言語 (必須): 日本語 [継承]
招待 (推奨):
審査 (推奨):
カテゴリ (推奨):
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨):
著者 (必須): 1. (英) Hiroki Arase (日) 荒瀬 裕己 (読) あらせ ひろき
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2.千田 淳司 ([徳島大学.先端酵素学研究所.基幹研究部門])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
3.榎本 匡志
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
4.木戸 博 ([徳島大学.先端酵素学研究所.重点研究部門])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英)   (日) インフルエンザウイルスの活性化・増殖仮説のプラスミノーゲン KO マウスを用いた検証   [継承]
副題 (任意):
要約 (任意):
キーワード (推奨): 1.インフルエンザ脳症 (influenza-associated encephalopathy) [継承]
2.ノックアウトマウス (knockout mice) [継承]
3.ヘマグルチニン (Hemagglutinin) [継承]
発行所 (推奨):
誌名 (必須): (英) (日) 第13回 病態と治療におけるプロテアーゼとインヒビター学会 (読)
ISSN (任意):
[継承]
(必須):
(必須):
(必須):
都市 (必須): 大阪 (Osaka/[日本国]) [継承]
年月日 (必須): 西暦 2008年 8月 初日 (平成 20年 8月 初日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意):
PMID (任意):
CRID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● 荒瀬 裕己, 千田 淳司, 榎本 匡志, 木戸 博 : インフルエンザウイルスの活性化・増殖仮説のプラスミノーゲン KO マウスを用いた検証, 第13回 病態と治療におけるプロテアーゼとインヒビター学会, (巻), (号), (頁), 2008年8月.
欧文冊子 ● Arase Hiroki, Junji Chida, Tadashi Enomoto and Hiroshi Kido : インフルエンザウイルスの活性化・増殖仮説のプラスミノーゲン KO マウスを用いた検証, 第13回 病態と治療におけるプロテアーゼとインヒビター学会, (巻), (号), (頁), Aug. 2008.

関連情報

Number of session users = 0, LA = 1.13, Max(EID) = 393878, Max(EOID) = 1066834.