『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=190024)

EID=190024EID:190024, Map:0, LastModified:2012年11月23日(金) 20:49:05, Operator:[大家 隆弘], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[大屋 英稔], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 学術論文 (審査論文) [継承]
言語 (必須): 日本語 [継承]
招待 (推奨):
審査 (推奨): Peer Review [継承]
カテゴリ (推奨): 研究 [継承]
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨): 1.計算機システム工学 (2006年4月1日〜2016年3月31日) [継承]
2.徳島大学.先端技術科学教育部.システム創生工学専攻.電気電子創生工学コース.電気電子システム講座 (2006年4月1日〜) [継承]
3.徳島大学.工学部.電気電子工学科.電気電子システム講座 [継承]
著者 (必須): 1. (英) Mukaidani Hiroaki (日) 向谷 博明 (読) むかいだに ひろあき
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2.大屋 英稔
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
3. (英) Xu Hua (日) (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英) Robust Stabilization of Multimodeling Systems via Guaranteed Cost Control Theory  (日) コスト保証制御理論によるマルチモデルシステムのロバスト安定化   [継承]
副題 (任意):
要約 (任意): (英) This paper considers the robust stabilization of uncertain multimodeling systems. The guaranteed cost control technique is used to choose the design parameter whch is included in the control gain. The $psilon$-independent quadratically stabilizing controller is newly proposed. It is shown that if the reduced order algebraic Riccati equations (AREs) have positive definite stabilizing solution then the closed-loop uncertain multimodeling system with the proposed controller are quadratically stable and have the cost bound. To show the effectiveness of the proposed algorithm, numerical example is included.  (日) 本論文では,1ブロックタイプのマルチモデルシステムに対し,システムを二次安定とする設計パラメータに依存しない制御則の構成法を提案している.本論文の特徴は,従来の結果と異なり,境界層システムのシステム行列が非特異であるという仮定を必要とせず,低次元化した際のパラメータに依存しないリカッチ方程式の可解性を判定するだけで二次安定性を判定することができるという点にある.また,コスト保証制御理論を用いることによって,設計パラメータを決定することができるという点も利点である.   [継承]
キーワード (推奨): 1. (英) multimodeling systems (日) マルチモデルシステム (読) まるちもでるしすてむ [継承]
2. (英) quadratic stabilization (日) 二次安定化 (読) にじあんていか [継承]
3. (英) guaranteed cost control (日) コスト保証制御 (読) こすとほしょうせいぎょ [継承]
4. (英) multiparameter algebraic Riccati equation (AREs) (日) マルチパラメータリカッチ方程式 (読) まるちぱらめーたりかっちほうていしき [継承]
発行所 (推奨): 電気学会 [継承]
誌名 (必須): 電気学会論文誌C (電子,情報,システム部門誌) ([電気学会])
(pISSN: 0385-4221, eISSN: 1348-8155)

ISSN (任意): 0385-4221
ISSN: 0385-4221 (pISSN: 0385-4221, eISSN: 1348-8155)
Title: 電気学会論文誌. C
Supplier: 一般社団法人 電気学会
Publisher: The Institute of Electrical Engineers of Japan
 (J-STAGE  (J-STAGE  (CrossRef (Scopus information is found. [need login])
[継承]
[継承]
(必須): 125 [継承]
(必須): 1 [継承]
(必須): 67 76 [継承]
都市 (任意): 東京 (Tokyo/[日本国]) [継承]
年月日 (必須): 西暦 2005年 1月 1日 (平成 17年 1月 1日) [継承]
URL (任意): http://ci.nii.ac.jp/naid/10014100336/ [継承]
DOI (任意): 10.1541/ieejeiss.125.67    (→Scopusで検索) [継承]
PMID (任意):
NAID (任意): 10014100336 [継承]
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● 向谷 博明, 大屋 英稔, Hua Xu : コスト保証制御理論によるマルチモデルシステムのロバスト安定化, 電気学会論文誌C (電子,情報,システム部門誌), Vol.125, No.1, 67-76, 2005年.
欧文冊子 ● Hiroaki Mukaidani, Hidetoshi Oya and Hua Xu : Robust Stabilization of Multimodeling Systems via Guaranteed Cost Control Theory, IEEJ Transactions on Electronics, Information and Systems, Vol.125, No.1, 67-76, 2005.

関連情報

Number of session users = 4, LA = 0.62, Max(EID) = 371884, Max(EOID) = 994235.