『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=189876)

EID=189876EID:189876, Map:0, LastModified:2014年1月28日(火) 15:58:27, Operator:[松井 栄里], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[大屋 英稔], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 学術論文 (審査論文) [継承]
言語 (必須): 日本語 [継承]
招待 (推奨):
審査 (推奨): Peer Review [継承]
カテゴリ (推奨): 研究 [継承]
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨): 1.電気通信大学 [継承]
著者 (必須): 1.大屋 英稔
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2. (英) Hagino Kojiro (日) 萩野 剛二郎 (読) はぎの こうじろう
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英) Robust Control Giving Consideration to Transient Behavior for Linear Discrete-Time Systems with Structured Uncertainties  (日) 構造的不確かさを含む線形離散時間システムに対する過渡応答を考慮したロバス ト制御   [継承]
副題 (任意):
要約 (任意): (英) In this paper, we present a robust controller design method which achieves performance robustness together with robust stability for linear discrete-time systems with structured uncertainties. The performance robustness means that comparing the transient behavior of the uncertain system with a desired one generated by the nominal system, the deterioration of control performance is suppressed and at the same time excessive control input is avoided. In this approach, the control law consists of a state feedback with a feedback gain designed by using the nominal system and a compensation input for the purpose of reducing the error between the real transient behavior and the desired one. The compensation input is determined so that an upper bound on a quadratic cost function is minimized directly without trial and error. We show that a condition for the existence of the compensation input minimizing the upper bound on the quadratic cost function is given in terms of linear matrix inequalities (LMIs). Finally, numerical examples are presented.  (日) 本論文では,構造的不確かさを含む線形離散時間システムに対し,ロバスト安定性の確保とともにノミナルシステムを利用して生成した制御対象の望ましい軌道と実際の応答との誤差を出来るだけ小さく抑えるという意味でのパフォーマンスロバスト性をも達成するコントローラの設計法を提案する. 本論文で提案する制御則は,ノミナルシステムを用いて設計されたフィードバックゲインによる状態フィードバック則と補償入力からなり,補償入力は,望ましい軌道と実際の応答との誤差に関する二次形式評価関数を最小化するように決定される. 本論文では,補償入力が存在するための十分条件が,制約つき凸最適化問題の可解性に帰着されることを示し,最後に数値例により有用性を検証する.   [継承]
キーワード (推奨): 1. (英) error system (日) 誤差システム (読) ごさしすてむ [継承]
2. (英) compensation input (日) 補償入力 (読) ほしょうにゅうりょく [継承]
3. (英) direct minimization of the upper bound on the quadratic cost function (日) 二次形式評価関数の上界値の直接最小化 (読) にじけいしきひょうかかんすうのじょうかいちのちょくせつさいしょうか [継承]
4. (英) keeping desirable transient behavior (日) 過渡応答特性の改善 (読) かとおうとうとくせいのかいぜん [継承]
発行所 (推奨): 日本機械学会 [継承]
誌名 (必須): 日本機械学会論文集(C編) ([日本機械学会])
(pISSN: 0387-5024, eISSN: 1884-8354)

ISSN (任意): 0387-5024
ISSN: 0387-5024 (pISSN: 0387-5024, eISSN: 1884-8354)
Title: 日本機械学會論文集. C編
Supplier: 一般社団法人日本機械学会
Publisher: Japan Society of Mechanical Engineers/Nihon Kikai Gakkai
 (Webcat Plus  (J-STAGE  (J-STAGE  (CrossRef (Scopus information is found. [need login])
[継承]
[継承]
(必須): 70 [継承]
(必須): 693 [継承]
(必須): 1417 1423 [継承]
都市 (任意): 東京 (Tokyo/[日本国]) [継承]
年月日 (必須): 西暦 2004年 5月 1日 (平成 16年 5月 1日) [継承]
URL (任意): http://ci.nii.ac.jp/naid/110006263895/ [継承]
DOI (任意):
PMID (任意):
NAID (任意): 110006263895 [継承]
WOS (任意):
Scopus (任意): 2-s2.0-3242785538 [継承]
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● 大屋 英稔, 萩野 剛二郎 : 構造的不確かさを含む線形離散時間システムに対する過渡応答を考慮したロバス ト制御, 日本機械学会論文集(C編), Vol.70, No.693, 1417-1423, 2004年.
欧文冊子 ● Hidetoshi Oya and Kojiro Hagino : Robust Control Giving Consideration to Transient Behavior for Linear Discrete-Time Systems with Structured Uncertainties, Transactions of The Japan Society of Mechanical Engineers, Series C, Vol.70, No.693, 1417-1423, 2004.

関連情報

Number of session users = 0, LA = 0.80, Max(EID) = 371502, Max(EOID) = 992136.