『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=189368)

EID=189368EID:189368, Map:0, LastModified:2013年5月27日(月) 13:14:37, Operator:[松井 栄里], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[奥嶋 政嗣], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 学術論文 (審査論文) [継承]
言語 (必須): 日本語 [継承]
招待 (推奨):
審査 (推奨): Peer Review [継承]
カテゴリ (推奨): 研究 [継承]
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨):
著者 (必須): 1.奥嶋 政嗣 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.社会基盤デザイン系.地域環境分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.社会基盤デザインコース.地域環境講座])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2. (英) Akiyama Takamasa (日) 秋山 孝正 (読) あきやま たかまさ
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
3. (英) Kitamura Ryuichi (日) 北村 隆一 (読) きたむら りゅういち
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英) The analysis of the railway station and town management with a focus on travel behaviour of the elderly  (日) 高齢者の交通行動に着目した鉄道駅とまちに関する分析   [継承]
副題 (任意):
要約 (任意): (英) The current state of barrier-free transport services in the railway station and transport demand of the railway in the elderly is analyzed empirically. Improvement of demand for railway with promotion of barrier-free transport services in the railway station is estimated. The estimation model is constructed with a database of railway stations and surrounding facilities. On the other hand, the travel behaviour of the elderly is analyzed empirically. The characteristics in trip patterns of the elderly are summarized from the perspective of the railway station and town management. Finally, the impacts of urban activity of the elderly with the railways are analyzed for town management in the area around the railway station.  (日) 本研究では,交通バリアフリーと鉄道駅とまちづくりに関連して,高齢者の交通行動に着目した実証的分析を行う.すなわち,鉄道駅整備に関する基本データベースを利用して,鉄道駅および関連施設の交通バリアフリー推進と高齢者鉄道需要の相対的関係を分析する.また,鉄道駅とまちづくりの視点から,高齢者の交通行動パターンに関する相対的な相違点を整理する.これより,高齢者の鉄道利用による都市活動の鉄道駅周辺地域のまちづくりへの影響を把握する.   [継承]
キーワード (推奨): 1. (英) (日) 交通バリアフリー (読) [継承]
2. (英) (日) 交通行動分析 (読) [継承]
3. (英) (日) 高齢者交通 (読) [継承]
4. (英) (日) まちづくり (読) [継承]
5. (英) (日) 鉄道駅データベース (読) [継承]
発行所 (推奨): (英) Japan Society of Transportation Economics (日) 日本交通学会 (読) にほんこうつうがっかい [継承]
誌名 (必須): (英) Annual Report on Transportation Economics 2008 (日) 交通学研究/2008年研究年報 (読) こうつうがくけんきゅう
ISSN (任意):
[継承]
(必須): Vol.52 [継承]
(必須): [継承]
(必須): 71 80 [継承]
都市 (任意): 東京 (Tokyo/[日本国]) [継承]
年月日 (必須): 西暦 2009年 3月 31日 (平成 21年 3月 31日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意):
PMID (任意):
NAID (任意): 40016594818 [継承]
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● 奥嶋 政嗣, 秋山 孝正, 北村 隆一 : 高齢者の交通行動に着目した鉄道駅とまちに関する分析, 交通学研究/2008年研究年報, Vol.Vol.52, 71-80, 2009年.
欧文冊子 ● Masashi Okushima, Takamasa Akiyama and Ryuichi Kitamura : The analysis of the railway station and town management with a focus on travel behaviour of the elderly, Annual Report on Transportation Economics 2008, Vol.Vol.52, 71-80, 2009.

関連情報

Number of session users = 1, LA = 0.61, Max(EID) = 376494, Max(EOID) = 1008314.